ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

江戸から明治へ「黙阿弥」河竹 登志夫

河竹 登志夫 の「黙阿弥」という本を読んだ。

かわたけ-もくあみ かはたけ— 【河竹黙阿弥】(1816-1893) 歌舞伎脚本作者。江戸の人。本姓、吉村。引退後、古河と称す。五世鶴屋(つるや)南北に師事し、のち二世河竹新七を襲名。生世話(きぜわ)物に優れ、明治期には活歴物・散切(ざんぎり)物を作る。江戸歌舞伎の大成者とされる。作品数は三六〇編に及ぶ。「三人吉三廓初買(さんにんきちさくるわのはつがい)」「天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)」「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」など。 (大辞林)

現在一番上演される作品が多い作者だそうだ。

話は明治の天覧歌舞伎からはじまる。
江戸時代、身分としては「河原乞食」だった歌舞伎役者の社会的地位を向上させて、今日の様な「文化人」になっていく重大なイベントでしたが、「お芝居」としてはまさにその目的故に???な感じだったみたいです。
明治は「西欧列強にいかに追いつけ!」と必死こいてた時代。(よく転覆せずにまあなんとかなったもんだ)必死なあまり、日本の古いもんはみんなダメって感じだったみたい。しかも、洋行してはじめて演劇を見た様な人が口出しとかしてたり。

でもまあその甲斐あって歌舞伎は生き残ったのかもしれない。

その晴れの席に黙阿弥は招待されていなかった。「江戸の人」だったから。彼の本質は江戸の空気を活写することだった。だから上昇志向の強い九代目團十郎とはソリがあわなかったみたい。だけど、好みじゃない「活歴」も無理にも書いてた「オトナ」な人だった。
まあ、役者はエゴイストじゃないとやっていけない(と思う)から、比べちゃいけないかもねー。

評論というより伝記調で、わりと読みやすかった。
歴史の勉強になり、いろいろ大変だったのねーと思ったことでした。
黙阿弥の分かりやすい解説
[PR]
by urasimaru | 2006-02-14 12:10 | | Comments(0)
<< 役者は宝石 走ろうか >>