ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

歌舞伎英雄伝説  利根川 裕

利根川裕という人が作家だということをしりませんでした。
テレビの人、て感じで。

この本は
「東海道四谷怪談」の色悪、民谷伊右衛門、「仮名手本忠臣蔵」の薄幸のヒーロー、早野勘平など、歌舞伎に見るヒーローたち12人の物語。庶民のなかで生まれ、そこで育ち、そこで愛されてきた英雄たちへの賛歌。
ということで、歌舞伎を見てる人にはお馴染みのキャラクターをあらためて確かめる感じで読みました。この人の評論なら楽しめそう。

歌舞伎関係の本って、玉石混合&自分のレベルとの一致がツボだと思うので、肌の合う人が見つかるということはうれしいことです。

「喜屋武(きやん)マリ−の青春」という本はこの人が書いたのか〜。(書評で名前だけおぼえてる)
そっちも読んでみようかな。
[PR]
by urasimaru | 2005-04-12 16:16 | | Comments(0)
<< 合図 片岡千之助 >>