ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

連続性は同一性を保証しない

最近読んだ本。

*刺青の真実—浅草彫長「刺青芸術」のすべて
中野 長四郎
高校教師から彫師へ、そして「刺青世界一」に。「和彫り」の伝統を守る名匠が明かす、波瀾の半生と「刺青界」の事実。門外不出の「間違いだらけの刺青」をあえて公開。

歌舞伎で、線だけの刺青の肉襦袢を着た役は半端なやつ、というのが納得できたりした。
ニ代目のサイト
ビバ、図書館!

*脳と魂
養老 孟司 (著), 玄侑 宗久 (著)

養老 孟司
1937年神奈川県鎌倉市生まれ。東京大学医学部卒。同教授を経て、名誉教授、北里大学教授。解剖学・形態学の視点をベースにした思索の書『ヒトの見方』(筑摩書房)でデビュー。以来、独自の切口から、幅広い分野において批評・執筆活動を行う
玄侑 宗久
1956年福島県三春町生まれ。慶応義塾大学文学部卒。天龍寺専門道場で修行。臨済宗妙心寺派福聚寺副住職。2001年「中陰の花」で芥川賞受賞

医者と坊主の世間話。(誉めている)
まとまりはないけど示唆に富む。寝る前に読んだので最初の頃の内容は忘れているんだけど、そんな感じで枕元においとくと良いかも。日記タイトルはこの本から。

今度、玄侑さんの小説も読もう。
[PR]
by urasimaru | 2005-07-06 22:36 | | Comments(0)
<< 十二夜初日 親心 >>