ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

シフゾウ物語

e0043465_120096.jpg

2007年5月6日生の「青葉」♂クン、大人と頭突きの練習。
春に撮った写真
シフゾウ(四不像、Elaphurus davidianus)は、中国原産のシカの一種。

シカのような角をもちながらシカでない。ウシのような蹄をもちながらウシでない。ウマのような顔をもちながらウマでない。ロバのような尾をもちながらロバでない。このように四つの動物に似た特徴をもちながら、そのいずれとも異なるために「四不像(中国音:スープシャン)」と呼ばれる。

19世紀末に野生状態では絶滅、その後飼育下のものも戦争などで全滅、絶滅したと思われていた。しかしイギリスの大地主・ベドフォード公爵(Duke of Bedford)が飼育していた50頭ほどから奇跡の生還を果たし、1980年代には中国で再び野生に戻されるまでに復活。現在は「絶滅寸前種」に分類されている。(wikipediaより)






e0043465_1201399.jpg
e0043465_11593561.jpg


袋角が生えてきたおとうさんのマック
e0043465_1203639.jpg

[PR]
by urasimaru | 2008-02-23 00:15 | 多摩動物園 | Comments(0)
<< よれよれ。(私が)二月大歌舞伎夜 一期一会 >>