ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

ゴーヤ総括

黄色いゴーヤをほぼ毎日食べ続けて一か月。
結局一度も調理せず。
黄色くなりはじめたらとりこんで、あまり黄色くないのは室温でしばらくおいといて、
だいぶ黄色くなったら半日ぐらい冷蔵庫に入れて、水で洗ってそのまま手で食べてました。
熟れると裂けるようになってるので、手で楽に割れます。
場所によっては一部腐ったり、気がつかないうちに先端が開いて赤い種が落ちてきたり。
黄色い部分はよく味わうとアミノ酸の味がします。冷蔵庫に入れておいてもボロボロに溶けてくるので、タンパク質分解酵素とか出ているんでしょう。
なんか、苗が「ミニゴーヤ」と「大きいゴーヤ」が混じってたみたいで、ホオズキぐらいの大きさのと、きゅうりを太くしたみたいのとが蔓によってなってました。あと、ハチ(種類のわかんない小さいのとか花蜂とか)が来て勝手に交配するので、細長いのとか。
小さいゴーヤは種も果肉も肉厚が薄くて食べ応えがないけど、小さい葉っぱがたくさんつくので、日よけとしてはいいかも。
種も両手にいっぱいぐらい溜まりました。最初はほぼ全部取っておいたんだけど、もういいやってかんじ。来年た芽生えるといいんですけど。

昨日は黄色いのがなかったのに、今朝見たらまっ黄色になってるのが一つ、半分黄色くなったのが一つとれました。
[PR]
by urasimaru | 2008-09-01 08:14 | ゴーヤ | Comments(0)
<< カンスケの初恋? ミーアキャット連打 >>