ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

メモ 本「ハンニバル・ライジング」 映画「クイーン」

ハンニバル・ライジング
図書館で上下揃って返却されてるのを見つけたのでとりあえず読んでおくか、と。
とりあえず読んだ。
日本人の叔母さんが出てくる。紫式部に敬意を評して「紫ムラサキ」という名前だよ。
ワインの好み設定とかから、トマス・ハリスって米国から出たことないんじゃないか?って思ってる。(別に文献で小説書くのは自由だけど。)
まああの頃はだいぶ楽しませてもらったので。

:::

映画「クイーン」
ダイアナの急死に対する英国王室の対応を取り扱った
こういう映画。
CSで偶然見た。字幕を見ながら必死でリスニングすると、英国映画が好きな人にはたまらないだろうある種のスパイスたっぷりな台詞がだだだだーん。

まあいろいろすごい人たちだわー。


*この二つの間にはかなり時間が空いているんですが、メモ程度に記録しておきたいので一つの記事にしました。
[PR]
by urasimaru | 2008-09-21 20:34 | | Comments(0)
<< 一面広告 モグラでなごもう>ぢぶん >>