ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

走れ!ユキヒョウ目指して

ちょっと久々?に多摩動物園。
競馬のダメージがあってか?ぐずぐずしていたら、動物園に着いたのが11時ちょっとすぎ。
ユキヒョウの赤ちゃんの展示が11時半までだとう!?ミルチャまだ見てないんだー!
ダッシュ、早歩き、ジョギング…できる範囲で必死で急ぎました。(たぶん門から1kmぐらいで、ずっと上り坂)
なんとか間に合って、汗だくでミルチャ観賞。その間に大きいケージはシリーさんからシンギズくんにバトンタッチしたらしい。しばらくして、こっちもマユ、ミルチャ親子が引っ込んで、ヴァルデマール登場。ユキヒョウの交代って初めてみた。前の個体の匂いが残ってるので、さっそくガラスにジョーッっとマーキングの実演。そのほかも体こすり、フレーメンとかいろいろ見られた♪
次はオランウータンの飛び地へ行って、その周りでカマキリなどを撮影。
チャッピーとポピーがドングリを食べていて、ミンピーが時々お母さんから口移しでもらっていた。ドングリ、皮を細かく剥いて白くなった中身だけ食べてるみたいだった。
戻ってレッサーパンダの赤ちゃんもチェック。なんかお母さんに首ねっこをつかまれてズルーっと強制退去させられてた。(でも戻ってきた)
シャモアが落ち着いて目の前で見られてうれしかった。

腹が減ったので一応オオカミトラハクビシンゾウ経由で、サイの上の食堂へ。
お昼を食べてインドサイのところに坂を下ったら、ちょうどターくんとナラヤニさんが隣接放牧地に出てきたところ。柵ごしにご対面、興奮するターくんに対して、ナラヤニさんはちょっとしたらわらを食べに行ってしまった。この胸の高鳴りをを!って感じで奥の放牧地への扉に体当たりするターくん。青春…なのか。すごい迫力。
そのあとも何度かナラヤニさんにアピールするように首を上下したりして、そのうち居ても立っても居られない感じになったのか、居室への扉に声を上げながら体当たり。飼育係さんが様子を見て、居室へ入れて、ホースで水をかけて落ち着かせようとする。皮膚に薬かなんかもスプレーしてやる。その時手の動きで体の向きを変えるお利口なターくん。でも興奮冷めやらず、今度は放牧場へ出てナラヤニさんに会いたい!って感じでどしんどしん。
そこで、なのか、いつも、なのかわかんないけど、おやつ登場。少量のバナナ、リンゴのほか、ニンジンの細かいのとキャベツの四つ切。
そのころにはターくんのいた放牧場にはエジプトガンなどの鳥たちが出ていた。こっちから見えないところにいたのが移動してきたみたい。最近サイのところに行っても鳥だけいる、と思ってたのはこういう事情だったのかー。
それからモグラの家へ行ったら、初めて網チューブの中を動いたり、ご飯を食べているモグラを見られた!午後の方が活動的なのか?!モグラってバックもするんだー!と感動。

コツメカワウソのところに行ったら大きい方が寝ぼけてずり落ちながら目をさますの繰り返し、小さい方は水にもぐったり麻布を振り回したり大活躍。夫婦同居、交尾も確認されているので期待。
ヘビがみたいのでバードケージを通って(笑)、またサイのところへ。未だ落ち着かない感じのターくんがお客さんに「恐竜みたい」とか言われているうちに、今度は干し草キューブがきました。

最初飛ばしたので疲れて、モウコノウマのレオの顔をひさしぶりに拝み、マレーバク親子の水中散歩を見て帰ってきました。
写真はぼちぼちと出していきますよ。
[PR]
by urasimaru | 2008-10-07 20:02 | 多摩動物園 | Comments(0)
<< ユキヒョウ証拠写真 獅子舞 >>