ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

見返り四不像

e0043465_20443111.jpg
ひづめはウシに、頭はウマに、角はシカに、体はロバに似ているが、それらのどの動物でもないという説から、四不像(しふぞう)の名がつけられました。昔は中国に多くいたと思われますが、北京の南苑で飼育されていたものが1865年にヨーロッパに紹介されたときには、野生のものは絶滅していたようです。その後イギリスで繁殖させたものが増え、現在では中国の保護区内で野生復帰がすすめられています。
一頭隔離されてるオスだから、おととし生まれのアオバくんかな?
今年の角が生えはじめです。
[PR]
by urasimaru | 2009-02-05 20:46 | 多摩動物園 | Comments(4)
Commented by yokuya2006 at 2009-02-05 22:00
おおっ、これが、スープーシャンですか。漫画より面長だ。
Commented by urasimaru at 2009-02-05 22:21
ウマヅラのシカなので、面長です。
マンガ? 検索 
封神演義?むーみんみたいな顔!^o^
ヤギやシカのフンって、すっごい消化した残りって感じですね。出てくるところはパチンコ玉たいな感じ。。。
Commented by なまこ at 2009-02-10 18:59 x
うひょ!見たこと無い生き物です@@
うん、浮世絵の女人のような雰囲気ですねぇ。
アオバくんはオスなんだOrz
女形ということで・・・。
Commented by urasimaru at 2009-02-11 19:13
なまこさん、こんにちは♪
蹄の感じから沼っぽいところで生息していたと考えられてるそうですョ^^
<< モグラの飼育記録更新中とかトウ... アフリカゾウの昼寝 >>