ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

歌舞伎座さよなら公演三月大歌舞伎 昼の部 「和風総本家」風感想?

今日も行ったぜ歌舞伎座へ。

元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)の通し。
「さよなら公演」という限られた時間の中に新歌舞伎を通しというのは勇断だなあと思いました。

時間ぎりぎりに劇場に来たのと、演舞場での体験から、今日は筋書きなしで観ました。(オペラグラスはしっかり持ってきましたが三階1列だったので着物の柄とか見る以外あまり使いませんでした)
それでストーリーをあまり分かってないのもあって寝ずに見られました。(ちょっと目をつぶってセリフを聞いていた時はありましたが、意識は保ってました)
幕間に野球の経過が分かって安心しました>後ろのお客さんたち。^^
e0043465_21102834.jpg


暗闇の歌舞伎座の幕が上がると、そこは木造のお城の中。いろいろな政事や人間模様を見届けてきた古い建物の雰囲気が漂います。どの幕も、大道具が雰囲気が出ていてとてもよかったです。

騒然となっている江戸城内、刃傷があったというのを観客は伝え聞く形でお芝居に入ります。舞台が廻って吉良上野介が逃げ、そのあとに浅野内匠頭が取り押さえられつつ登場。
梅玉さん、彼以外考えられない。
浅野を取り押さえた菊十郎さんが、彌十郎さんの目付役に事情を説明するのですが、あの渋い声で状況を語ってもらうととても納得します。彌十郎さんは硬骨漢な目付で、上層部と戦う刑事ドラマの主人公みたいな感じ。

内匠頭は切腹(実際の切腹シーンはなし)まで、あくまでも礼節正しい武士として行動していて、この人が家の断絶まで覚悟しての暴挙に出たというのは想像に余りある遺恨の気持ちがあっただろうな、と思わされます(なんで翻訳調なんだ私?)。
辞世を詠み上げる白装束の内匠頭に散りかかる桜の花弁、片岡源五右衛門(松江)との視線で結ぶ最期の会話、…歌舞伎っていいなあ。


老中役の萬次郎さん、掛け声でそれとわかりましたが女形中心なのでびっくり。でもお父さんに似ている!声に威厳があって、この老中でさえ牛耳ってしまう政治の乱れってすごいものだな、と思いました。男女蔵さん、彌十郎さんの上背対決にも重厚感。…歌舞伎っていいなあ。

トミーが前やった井関徳兵衛は歌六さんなので、リアルな悲劇が胸に迫りました。子息の紋左衛門(種太郎)って、何のための一生だったんだろう…。まあそういう人たちは現世にあまたいるんですけど。幸四郎さんは言われるほど台詞が泣いてなくて、ちょうどいい渋さでした…歌舞伎っていいなあ。

仁左衛門は美しいっす…。葵の御紋のそしてちょっとイケズな殿様とまっすぐな染五郎の浪人の火花を散らしつつもやっぱりエライヒトの手玉に取られちゃうところがその美しさゆえに堪能できるっていうか。さいごの理想論も。…歌舞伎っていいなあ。

新歌舞伎は女形さんたちの衣装が普通と違う華やかさで、あれもまた好きですねえ。…歌舞伎っていいなあ。


我當さんの足が心配。あと、トミーが背中しか見えない席だったのもあってちょっと元気ないかな、なんて思ってしまいました。宗之助さんが病欠で芝のぶさんが代役。





元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)
昼の部江戸城の刃傷(えどじょうのにんじょう)
 元禄十四年三月十四日、浅野内匠頭(梅玉)は江戸城松の廊下で吉良上野介に刃傷に及び、城内は騒然となります。この様子を窺おうとした戸沢下野守(進之介)は、平川録太郎(亀鶴)に止められてしまいます。
 まもなく加藤越中守(萬次郎)、大久保権右衛門(桂三)、稲垣対馬守(男女蔵)らが評議を始め、内匠頭に切腹の沙汰を下しますが、多門伝八郎(彌十郎)はひとり反対します。しかし聞き届けられることなく、田村右京太夫(我當)の屋敷で内匠頭は切腹することとなります。こうして庄田下総守(由次郎)、多門、大久保たちが検死役として見守る中、内匠頭は片岡源五右衛門(松江)と最後の対面を果たし切腹するのでした。
 赤穂事件の発端から内匠頭の最期までを描いた舞台をお楽しみ下さい。

最後の大評定(さいごのだいひょうじょう)
 赤穂城明け渡しの期日が迫りますが、家老の大石内蔵助(幸四郎)はその態度を明確にしません。そんな内蔵助を妻おりく(魁春)や嫡男松之丞(巳之助)は心配しています。
 やがて登城した内蔵助は、戸田権左衛門(錦吾)と面会し、最後の大評定を始めます。内蔵助の前に、奥野将監(東蔵)を始め、諸士(家橘・右之助・高麗蔵・市蔵・松江)らが集うと、内蔵助はその心中を明かさず一同に血判を求め、全ての行動を一任して欲しいと告げます。すると一同はこれに従うと一決し、内蔵助はそのありがたさに涙を零すのでした。
 一方、かつて赤穂藩に仕えていた井関徳兵衛(歌六)と、子息の紋左衛門(種太郎)は、藩士と行動を共にしようとしますが許されません。意気消沈する親子は命を断ちますが、内蔵助は死にゆく旧友の徳兵衛に初めて仇討ちの決意を明かします。
 混迷する赤穂藩の様子と内蔵助の苦衷、そして徳兵衛の最期を描いた見どころ多い一篇です。

御浜御殿綱豊卿(おはまごてんつなとよきょう)
 次期将軍の徳川綱豊(仁左衛門)は、寵愛するお喜世(芝雀)や、江島(秀太郎)、浦尾(萬次郎)、お古宇(芝のぶ)たちと浜遊びに興じ、政に関心がないよう装っています。しかし学問の師である新井勘解由(富十郎)には、赤穂の浪人たちに仇討ちをさせてやりたいとその心中を明かします。
 一方、お喜世の兄で、赤穂の浪人である富森助右衛門(染五郎)が浜遊びの見物を願い出るので、綱豊はこれを許し、仇討ちの意志があるかどうかを探ります。やがて助右衛門は、今日の宴に招かれた吉良を襲おうとしますが、綱豊がこれを防ぎ、その軽率な振る舞いを叱り、諭すのでした。
 綱豊と助右衛門の台詞の応酬が眼目となっている名作をご覧頂きます。
[PR]
by urasimaru | 2009-03-23 21:09 | 歌舞伎 みた | Comments(0)
<< 歌舞伎座、せめてファサード保存... 東京マラソン2009@歌舞伎座... >>