ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2005年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

選ばれた人

日本経済新聞の「私の履歴書」の仲代達矢氏の連載が終わってしまった。
破綻した連載小説の解毒剤として、心洗われる気持ちで楽しみにしていたので、名残惜しい。
仲代氏は戦争などであまり恵まれない環境で育ち、もんもんとした気持ちを持ったまま演劇界に入ったが、恭子夫人との出会いにより、個人として支えられてたばかりではなく、同志として無名塾をつくりあげるなど豊かな実りをもたらした。
夫人の早すぎる死去への喪失感、もっとしてあげられることがあったという自責感などを淡々と綴り、彼岸で再会を呼びかける形で終わったこの連載は、自伝と言うよりラブレターだった。

最近、エキサイトのリンクに
奥様よりちょっときれい!「サムロンカムイと呼ばれた鳥」を加えたが、題名が長くて全部表示されなくて残念。
丹頂鶴の写真ブログで、とても美しい写真とユーモラスなコメントが面白い。写真撮影に没頭する生活を支えてくれているだろう奥様への感謝を、ちょっと照れたブログタイトルにこめられているところに、暖かい家庭がしのばれる。

成田屋通信が更新され、子供の頃望遠鏡で火星を見た話がでている。
e0043465_1253194.gif
「わざと無関心を装って時々チラリと望遠鏡を覗いては家の中に入ってしまっていた父」
というのは絶大な人気のあった先代の團十郎さん。
お母様をモデルにした宮尾登美子の小説「きのね」を読んでも、けして器用ではない性格だったらしいお父様の、照れと甘えの混じった素顔がちらっと垣間見られた気がして、名優を支えた夫婦の絆がしみじみと思われる。



人間の基本的欲求を、低次から
1. 生理的欲求
2. 安全の欲求
3. 所属愛の欲求
4. 自尊の欲求
5. 自己実現の欲求
の5段階に分類する、階層説というのがある。

最初の段階すら満たされない人が地球上の大半であり、この階層をすべて満足することが普通ではない。
愛情関係を実感できる家庭生活 はおそらく3と4の満たされ方の一つの形であり、その上に好きなことでも自己を表現できる人たちは、一種選ばれた人たちなのだろう。
幸せの形はいろいろあるが、このような選ばれた人たちは、苦労は色々あっても幸せであろうと推察する。
自己実現した人の特徴として、客観的で正確な判断,自己受容と他者受容,自然な態度,自発性,自律,心理的自由などが挙げられるそうだ。

【自己実現】
〔self-realization〕自己の素質や能力などを発展させ、より完全な自己を実現してゆくこと。T = H =グリーン・ユングなどの説。自我実現。
[PR]
by urasimaru | 2005-11-30 12:39 | いろいろ | Comments(0)

こわやのこわやの 春日局/杉村苑子

龍の目さんに教えられて、杉村苑子の短編集春日局を読んでいます。
目的の「女形(おやま)の歯」を読み終わったところ。
幕末から明治に生きた三代目澤村田之助の闘いの物語です。妖艶な魅力で人気絶頂だった時に壊疽を発病、ついには座敷牢のようなところで死にいたるまでを、短編ならではの鋭い筆で描いています。
歌舞伎が大衆最大の娯楽で水物だった時代、幕末の爛熟した雰囲気の中、絶大な人気を誇る田之助の驕慢と手痛いしっぺ返し、捨てられないプライドと現実。
人間って怖いなあと思いました。
現代の「女形(おんながた)」と当時の「女形(おやま)」の違いも思いました。

その後、演劇改良運動、第二次世界大戦などを経て、今に生き残った歌舞伎が「人類の口承及び無形遺産に関する傑作」と宣言されました。泉下の田之助丈は「そんなこたぁ関係ねぇよ」っておっしゃりそうですが、当代の皆々様方は励みになさってください。おめでとうございます。

表題作の「春日局」も、お多福顔とうらはらに心の非常に強い女性として描かれていて、むき出しの人間ドラマに凄みがあります。
ほとんど読んだ事がなかった作家さん、いいものを教えてもらいました。ありがとうございます。
「女形の歯」は新歌舞伎になって二代目澤村藤十郎丈が演じられたそうで、是非観る機会を得たいです。紀伊国屋〜。
[PR]
by urasimaru | 2005-11-28 17:35 | | Comments(2)

序破急 アダムの呪い/ブライアン・サイクス

アダムの呪い
「利己的な遺伝子」も「イヴの七人の娘たち」も読んでいないが、「イヴ…」の続編とも言えるこの本はそれだけでも独立して読める遺伝学の入門書でもある。
最初の方は、どうして有性生殖があるのかとかから、遺伝のしくみなどがかなり分かりやすく書いてある。
中盤、ヴァイキング移住や特定の家族の歴史が、遺伝学的アプローチでわかってくるあたりは推理小説のよう。
終盤、利己的遺伝子と性選択の結果、環境問題等に至るあたりはちょっと寒気がする感じ。

とりあえず気軽に読んでみるといいと思います。
読み終えて、「女系天皇やむなし」(っていうか個人的にはどうでもいいんだけどさ)って思いました。

ひょっとしてオリバーストーンは「アレキサンダー」を撮る前にこの本を読んだのだろうか。

なんとなく瀬名英明さんの利己的な遺伝子の感想。
[PR]
by urasimaru | 2005-11-26 11:56 | | Comments(0)

十一月歌舞伎座夜の部@楽

一、 嬢景清八嶋日記
日向嶋景清(ひにむかうしまのかげきよ)

昼の部の熊谷に「なんで奥さんをほっぽってっちゃうんだよ〜」と思う私には、親ばかな武士、号泣する娘というのは現代的でいいですね。
目を抉ったことを表現する為に赤い目薬で目を染めての見得、すごかったです。
大道具好きには、無駄な回り舞台もごちそうです。

二、 鞍馬山誉鷹(くらまやまほまれのわかたか)
中村大改め初代中村鷹之資披露狂言

盛綱陣屋の盛綱のセリフに、「教えも教え、覚えも覚えし、親子が才知」とある、と團十郎さんが別の事で日記に書いていたのを思い出しました。
自分の年齢、親の庇護のあるなしでの境遇の違いを知り抜いている富十郎さんの努力、それに答えた鷹之資君の努力、周りをかためる方々の愛と努力。
四天はシンクロだ!って思った気持ち良い立ち回り、それの中心が6歳の御曹子、っていう図式、歌舞伎ファンなら「愛さずにはいられない」んじゃないでしょうか。
しかし大ちゃん越えのトンボはこわいだろうなー。

三、 連獅子(れんじし)
ぽん太さんのレビューが絶品です。芸を極める狂言師の親子を表現する奥深さを感じさせるとともに、年齢の限界をも感じて、このバランスは今回限り、って感じもしたし、10年後に全く新しい連獅子の世界を見せて欲しい気もする。
でも、獅童んとこにも男の子ができたので、染、頑張って、次回は白で。
孫とやったガンジーってすごいよな。
蝶をあやつりながらも若旦那の袴の裾を直したくてたまらなかった裃後見さん、大旦那のこしらえをするときに袴をぴっと引っ張ってた。お気持ちわかります。

四、 おさん 茂兵衛
大経師昔暦(だいきょうじむかしごよみ)


この頃には見る方の気力が果てててぼーとしてました。今月、盛り沢山過ぎ?いや私が疲れてるのか。
うーんふたりは経験がすくなかったのだろう。というか、茂兵衛って女の人が好きではない人なのかも?って思ったのは梅玉さんの色気のせいでしょうか。
前見た時は、事故ったのか未然だったのかよくわかんなかったんですが、分かる様に工夫したとのことで、はっきりわかりました。でも事故にすぎない引っ込みが悲しいですね。歌六さんが狂言回しで大活躍。「息子」(見てないけど)といい、味のある役者さんとして赤マル急上昇って感じ?
高麗屋の挑戦(昼夜)といい、色々変ってきてるんだなあと思いました。

お薦めです!雪樹さんのレビュー
[PR]
by urasimaru | 2005-11-25 23:32 | 歌舞伎 みた | Comments(4)

歌舞伎座記念セットプラン

私の考える「歌舞伎座記念グッズ」(?)は、

座席番号プレート
対応する座席手すり断片
赤い塗装のかけら
赤絨毯断片
白壁断片
座席パッチ(鳳凰紋入りシートの場合紋一つ分)
座席に鳳凰のない場合ドアなどの鳳凰パッチ
奈落のコンクリート片
定式幕布小片3色
舞台木片
楽屋の畳の切れ端
屋根瓦破片

このあたりを一括パウチしてシート状にして、座席総数1866+90(幕見)限定セットで。

あと、座席プレート無しのお買得セットも私に買えるぐらいの値段で是非。
揚げ幕、提灯、金具は贔屓筋に別売り、入り口とかの大金具、やぐら、鬼瓦はできるだけ再利用、できないなら博物館。

新劇場の構想は、幕見は絶対やめるな(数年前に立て替えの噂が出た時点で松竹にメールしたさ。)以外、常識的に皆さんの意見はある程度一致すると思うので、そっちはまかせますわー。

実は幕見したことがないので焦っている。カメラ買っていかねば?
[PR]
by urasimaru | 2005-11-25 10:46 | 歌舞伎の雑談 | Comments(0)

海老ちゃんマント姿は反則!

生活がネタになりつつある昨今です。

 日頃のご愛顧、誠にありがとうございます。
 チケットWeb松竹のトップページ等で既にご案内しております通り、
このたび、お客様のご要望にもとづき、新橋演舞場の公演チケットの
販売開始日を、来年1月公演分より変更させていただきました。
 これに伴い、来年1月公演『信長』(主演・市川海老蔵)のチケット
の一般販売を、本日10時より開始致しております。
 以上、念のためご案内申し上げる次第です。

☆『信長』のご案内
 → http://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/0601/index.html

…ってメールが。売れてないのね。
海老ちゃんの坊主頭のチラシしかなし、なんかわかんないから、来年のゴールドはゲットできたので、来月になってからでいいやー
って思ってたし。
e0043465_1814340.jpg
ちょっとこの写真は。。。

るるるるる。。。

…手帖持ってきて

えー座席状況って?

あー一応押さえておいて決済来月にする?

!!!!!!!!????????



誰だよ決済ボタン

押したのは!?

おい、平日(金夜 月昼)、別々の日に3B1枚ずつとってどうするんだよ(泣)。
え〜と。

だれかいります?(鍵コメントで応相談)
二度いきますか…。

てめえ壊れすぎだよ。

浅草はやっぱやめよう。亀ちゃん、ごめん…。海老ちゃんが悪いんだから。マントなんか着て。(涙)海神別荘みられなかったんだから!
[PR]
by urasimaru | 2005-11-24 18:25 | 歌舞伎の雑談 | Comments(1)

息子を見損なう

顔見世歌舞伎昼の部。
最近壊れている私は、前夜来月と今月の切符を確認し、開演時間を取り違えて「息子」が終わる頃に劇場について、びっくり。
ばかばか自分のバカ。まー、何度も遅刻とか寝ちゃったりとか日付間違えたりとかやってるんで、気にしない方向で。
でも納得できるのか出来ないのか気になる〜(TーT)。

二、 一谷嫩軍記  熊谷陣屋(くまがいじんや)
泣きました。雀右衛門の相模、素晴らしかったです。なんか頂点を極めてる感じでした。声にもハリがあり、立ち居も思ったより元気そうで安心しました。
仁左衛門の熊谷直実は引っ込みの台詞「十六年は一昔。夢であったなぁ。」と本文(文楽っすね?)に戻して、戦の音から笠越し耳を塞いで引っ込むところが印象に残りました。梅玉さんの義経、立派で美しかった。愛之助の堤軍次に情けを感じました。

三、『雨の五郎』
曽我五郎時致 吉右衛門
前髪が似合わないと思っていた吉右衛門さんですが、若々しく、格好よかったです。ブロマイド買っちゃいました。

『うかれ坊主』
願人坊主 富十郎
笑い声が客席からたくさん上がっていました。舞踊の名手・富十郎の至芸を堪能してください(歌舞伎座HP)。堪能しました。

四、 人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)
娘お久がお兼の実の子ではないという設定は、聞き漏らしました。(^^;
菊五郎劇団よりスピーディーで現代風?お久は宗之助さんが一番!子役風の泣かせ役で、クサくなりかねないところを上手に泣かされました。衣装も「らしく」て良い。
めずらしい幸四郎の長兵衛は、笑いを取りに行き過ぎっぽいけど、結構はまってました。借金の期限を来年の大晦日に変えたのはいろんな意味で納得できる変更。鐵之助さんのお兼、どたばたはちょっとしんどそう。
染五郎の文七は周りが変ってるのにいつも通りなので浮いた感じ。はじめて事情を人に話すはずなのに、話し慣れてて変。和泉屋清兵衛の段四郎さん、出番がこれだけなのは勿体無い感じ(かけもちだっけ?)。
角海老女房お駒の秀太郎さん、普段の芸風と違うはきはきとした風なのがとても良かったです。
「店に出す」「奉公する」がどういうことかちゃんと考えてみる様になったのはここ2、3回というとんまな私でした。女学生がたくさん来ていたけど、分かるのかな?

歌舞伎座のあちこちを「この金具」「この手すり」とか舐める様に見て危なくなってるが、犯罪者にならないように。
[PR]
by urasimaru | 2005-11-23 12:41 | 歌舞伎 みた | Comments(9)

歌舞伎座基金設立どう?

歌舞伎座建て替えに伴って、現歌舞伎座の常式幕、やぐらなどは江戸博物館(どこでもいいけど、幕、再利用できたらいいなーと思って。)に保存。
大きすぎるなら、一部保存して、残りを分割してオークションにかける。
シートの生地、天井や壁などの鳳凰マークいりの部分、手すりの飾り、舞台の木材なども同様。できればコンクリートの壁とか、役者さんの部屋の畳とか、なんでもかんでも!
それで、売上は(一部?)「歌舞伎座基金」として、床山さんや衣装さん等々の後継者不足が心配される裏方さんへの待遇改善、後継者養成プロジェクトを立ち上げる。国立劇場と共同でもよし。
新歌舞伎座建築中に、裏か奈落かなんかの普段見えない壁に記帳する権利を贔屓に売る。抽選でよし。他に椅子一ついくら、という感じで名前入り寄贈もつのる。
それとは別に、その時点で関係している役者、裏方、関係者全員のサインを入れる壁をつくる。それは普段見える場所にしてアクリル覆いをかけるか、バックステージツアーの時に見える場所にする。
バックステージツアーを定期的に有料で行い、その売上も基金に入れる。
とりあえずこの辺を提案して見よう。

昨日この一つ前の段階の提案をしたら、歌舞伎座営業の方からお返事がきました。
まだ建て替えについての詳細は決定しておりませんので、何とも申し上げられませんが、お客様からのご意見を広く頂戴し、より良い歌舞伎座に致したいと思っております。u様のご意見も参考にさせていただきます。ありがとうございました。
ちゃんと読んでくれてるんだなあと心が休まりました。実ハ詳細決定しちゃってるかも?という不安もあったのですが、意見やプランがあれば取り入れてくれる余地、ありそうです。

ちなみに今日のアド街ック天国は「東銀座」。
[PR]
by urasimaru | 2005-11-19 13:27 | 歌舞伎の雑談

秋の味覚

新蕎麦の季節だそうで、お昼に蕎麦や。
すごくお腹が空いていたので、蕎麦がきを食べました。醤油とわさびでまたーりと。カタマリなので、普通の「そばきり」よりもかなり食べごたえがあります。後からでてきた蕎麦湯も、甘くてとてもおいしかったのだけど、一杯しか飲めない程満腹になりました。
e0043465_1785245.jpg

あと、マロングラッセの壊れ品を食べた〜。秋やねー。
[PR]
by urasimaru | 2005-11-18 17:10 | いろいろ | Comments(3)

四文字熟語〜歌舞伎座の建て替え

e0043465_18465564.jpg2010年完成をメドに「歌舞伎座」の建て替えが早ければ2年後には着手されるそうだ。
有形文化財にも指定されている名所旧跡で、愛着のある歌舞伎座がなくなるのは遺憾千万とも思うが、有為転変の世の中、愛別離苦は常の事、実際老朽化で満身創痍、困った事も多々あるとのこと。
日進月歩の新しい技術を導入して創意工夫を凝らし、かつ平衡感覚を持って日本文化の殿堂を再興し、客も造り手も和気藹藹、波及効果で歌舞伎の隆盛に効果覿面の大願成就となるよう、計画を取りはからうであろう老成円熟、才気煥発なる専門家達に力戦奮闘よろしくお願いたてまつる。

後2年のうちに、一度は行っとけッ!

アイディア、注文、前向きな意見を送る場合はこちらから♪
[PR]
by urasimaru | 2005-11-17 18:44 | 歌舞伎の雑談 | Comments(12)