ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2006年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ヘ(゜ο°;)ノ 二月歌舞伎

夜の部、東イ19ゲットしてたのだが。


















昨日歌舞伎座の前に行ったら、終わってた。



あ?

   






ま 
   た
      やっ
          ちゃっ
                た
                 。
                   。
                     。
                      。
                       。
                       。
                      。
                      。

[PR]
by urasimaru | 2006-02-28 11:33 | 歌舞伎の雑談 | Comments(5)

「ネーティブの発音」/実用的な英語教育とは

イギリスに住んだ事がある。(留学ではない。)
たまたま英語は苦手ではなく、遊びで英会話も習っていて、教師と雑談とかしてたし、TOEICも700はあったので、コトバについてはまあ大丈夫かと思っていた。

しかし英語で非常に苦労した。

現地に行って分かった事は、英会話の教師はアメリカ人だったこと、正しい文章をきれいな発音で、相手のレベルにあわせたスピードで話していたことだった。日本語で言うと、通常スピードで関西弁をしゃべってる中にぶち込まれた感じである。
また、英会話のレッスンは2時間であるが、生活には切れ目がないのだった。
役に立ったのは、何度も聞き返すことをいとわず、拒否されても話がつくまでどんな手段を使っても粘る気合だった。(本当に困った時、それは自然に出てきた)

日本で英語をもっと学んでおけば、という後悔はなかった。やるとしたら留学を目指す人向けの高レベルのレッスンだが、私は留学したわけではなかった。もしそういう訓練をうけていて当時の私に余裕があったら、現地で履歴にハクをつけることができたかもしれないが、もともとそういう野心もなく、あいにくそんな余裕はまったくなかった。それを蔑まれてもかまわない。そもそも外国で暮らすつもりなんてなかった。そうなったことを「今は」後悔していない。

現地人は、道ばたでぶったおれてるアル中でも英語はぺらぺらである。(ある時ポリスのシンクロニシティーを順番に歌ってる酔っ払いがいて、頭の中で合唱してしまった)しかし、そういう人と話す為に英語を勉強する訳ではない。
言語は考えを組み立てる道具だ。まともな考えを組み立てる道具を持たなければ、筋の通った考えが出来なくなる。文法や発音は服装で、伝えたい中身が身体だ。裸の人には近寄りたくないが、マネキンとは話ができない。いわゆる高級とされる「ネーティブの発音」は高価スーツの様なものだ。

ネルソン・マンデラは大学出のエリートだが、テレビで見たかぎり彼の英語はかなり癖のあるものだった。緒方貞子さんもカリフォルニア大学バークレー校で政治学博士をとっているが、かなりのジャパニーズイングリッシュである。それに難癖をつける人はいない。

松井やイチローが子供の頃から英会話を学んでいた様には思えないが、彼らはちゃんとやっている。本業で実力があることと、必要になってから努力したからだろう。

20年もすれば機械翻訳もかなり実用的になるかもしれない。お金があれば通訳がやとえる。
幼児に英語ビデオを見せる必要を私は感じない。
「世の中にはいろんな人がいる」ということが分かってない人が多いので、生身の外国人と接するのはいいんじゃない、と思う。
実用的な英語力をつけるために必要なのは、積極的に発言し、失敗をおそれない態度だと思う。小学校の教室で身に付けさせるべきものはそれではないか。

p.s.自分の中に日本語以外の回路ができていくというのは面白い体験でした。
[PR]
by urasimaru | 2006-02-26 12:54 | いろいろ | Comments(4)

二月昼。。。。ぐー。

忍び寄る老いは曲者
地口行灯の定番が、笑えなくなってきました。

昼の部。半分寝てました。掛け声の間合い、失敗しました。(ごめんなさい)

春調娘七種
(はるのしらべむすめななくさ)
お正月だあ。やっぱり歌舞伎は歴史考えなくていいんだ。(静御前と曾我兄弟が一緒に踊る。)
     
一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)陣門・組打
馬の演技に感心。(本物みたばかりだし)
最後、そーかーとか思った。

お染久松…あれ、文字が複雑なせいでコピペできない。
芝翫さん元気でホッ。でも寝てた。好きなんだけど。後見の芝のぶちゃん萌え。

極付 幡随長兵衛(きわめつきばんずいちょうべえ)
幕間にあの狭い椅子で寝たので最も覚醒して見られた。
そっか、明治になったからこうなのね黙阿弥さん。
團蔵さんブラボー。
玉三郎の帯の着付けがなんかすごい。
薪車さんて逞しい。 種太郎くんと並んでキャー。
芝のぶちゃんが風呂へ誘導。やーんそんなコじゃないと思ってたのに。
やっぱりこれはキッチ−だよなー。

ブロマイドを買う元気もなく、ふらふら出てあるいてたらケータイで話している○○さんが。役者面なのに結構普通だった。
夜の部は元気でみられますように。
でも遅刻しなかったし、白魚の天婦羅蕎麦は食べた。
[PR]
by urasimaru | 2006-02-23 23:14 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

サラダセカチン

清盛も私の頭も死にました(5、7、5だ)。

というか花粉が100個/m3以上になったせいかも。機械の身体だから。

日経朝刊でチンギスハンは嫁さがしをしている。
アダムの呪いによると、モンゴル帝国の範囲に、その時代に由来する元は一つと思われるY染色体(変異が早いからわかるらしい)群が見つかるそうです。凄い。

ところで、

「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの

これが持参金の話で姑の発言だったらすごいなあ。消えものだから無理かな。

そう言えば、中井貴一が一家と柳沢信吾(字あってる?)戦争中にタイムスリップするドラマがあったけど、真ん中部分しか見られなかったので、結末がちょっと気になる。

おやトリノオリンピックはじまったみたいですね。>マスコミさん
[PR]
by urasimaru | 2006-02-23 22:31 | いろいろ | Comments(2)

バカ歴史の壁。

京都大阪神戸の位置関係がわかってない。
福島と福岡とどっちが北にあったか30秒かかる。福島が東北だったはずだ。競馬があるから。太平洋側か日本海側か知らぬ。福岡は九州の左の方?
要するにバカ地図である。
現在でもわかってないのだから、過去なんてもっとわかってない。大河を見て近江に琵琶湖があるのかーとか思う。
地図も酷いが、歴史もひどい。大化の改新からイイクニ作ろうまでぶっとんでる。信長は桶狭間の1年後ぐらいに死んでいる(つーか二時間)。
やまのうちかずとよって鎌倉時代の人だと思っていた。鉢の木を燃やして頼朝をもてなした人とセットだ。だって、今まで戦国時代のドラマに出てなかったじゃん。

時代小説は会社に池波正太郎の本があったので読み出した。
時代小説はお芝居みたいなものなので、別にバカ地図&バカ歴史でも大丈夫だ。バカのくせに生活感とかには妙に知ったかぶりになったりする。歌舞伎も歴史わかんなくても超大丈夫だ。

しかし、図書館にある藤沢周平をおおかた読みつくしたっぽいので、最近歴史小説を読み出した。
八幡太郎つーのは義経の親だと思ってたが、違う事がわかった。

今は清盛の本を読んでいる。
清盛はいつも死んでいく人だったので、新鮮だ。筋交いの宙乗りの崇徳院と後白河法皇って親戚(!)じゃん。
でも、藤原なんたらと平のなんたらと源のなんたらが笊に何杯も出てくるし、別名が多いし、あちこちでコドモ作ってるし、サラブレッドと違って出生の疑惑はあるし、人の名前を20分間しかおぼえてられないので、扉の系図を見まくりだ。
さらに旅行なんか行かれたら、またバカ地図の壁が。

西行には興味があって、そっちからの本は読んだ事があった。今見ると、結構時代近いっていうか、微妙にかぶってる?でも、西行が惚れてた人が何院だったかな。こいつかこいつのどっちかに違いないんだが。

やっぱり学校の勉強はしておいた方がいい。
いや、一生勉強する事があってとっても楽しい、とか言っておこう。
[PR]
by urasimaru | 2006-02-22 12:54 | いろいろ | Comments(4)

アフリカゾウのマオちゃん

2/11に書いたゾウのマオちゃんの写真がたくさんです。
愛らしいです。
マオちゃん
[PR]
by urasimaru | 2006-02-21 12:21 | 多摩動物園 | Comments(0)

のたーと府中

府中も最終週、G1となればシリウスの伴星なみに重い腰をあげ。
展示コーナーで興奮して跳ねてたケイズヒーローに砂をぶっかけられ
競馬博物館で乗馬マシーン体験して、
クールキャノンとエイシンシャーマンをナデまくり、
フェブラリーのパドックへ。みんなむきむきしてかっこいいー。
ヴァーミリアンを買おうと思ったけど並ぶのがめんどくさいので
そのままぼーっとレースを見た。
[PR]
by urasimaru | 2006-02-20 12:12 | | Comments(0)

鬼平スペシャル

佐島〜戻ってきてくれ(無理 ;;)
彦十はあきらめがつくんだけど、
うさぎ じゃものたりないや。
うさぎはうさぎでいいんだけど、佐島の変りに前面に出るニンじゃないだろう。

小林稔持はいいけど、足の特撮とかは微妙。
「おやじ、ごくろう」
は「播磨屋!」ってかかるね。

女優陣も年を重ねたなあと思ったりして、2話再放送とかの方が嬉しいかも。

録画してまだ途中までしか見てないけど、このさきはああなってこうなるだろう。でも小林さんがどうなるかはわかんないからみなくては。

あのエンディングの曲(今回も使ってるよね?)をよそで聞くと、あの画面が克明に再生される条件反射は私だけではあるまい。
[PR]
by urasimaru | 2006-02-18 12:26 | いろいろ | Comments(4)

殺すなかれ はイチバンじゃなかった。

普通、宗教で指導する事柄で共通しそうなものは、殺人するなってことじゃないだろうか。
思うに…
と書きかけて裏をとったらびっくりだ。

「モーゼの十戒」ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の基本的な戒律。
一戒・汝は私以外を神としてはならない。
二戒・汝は己の為に像を刻んではならない(偶像崇拝の否定)。
三戒・汝は神・主の名をみだりに唱えてはならない。
四戒・安息日を憶えてこれを聖日とせよ。
五戒・汝の父母を敬え。
六戒・汝殺すなかれ。
七戒・汝姦淫するなかれ。
八戒・汝盗むなかれ。
九戒・汝偽証するなかれ。
十戒・汝の隣人の家をむさぼるなかれ。

6番目かよ。

びっくりだ。けど、都合により、まーどの宗教でも禁止してそうなのは殺人、というカンを頼りにお話をすすめることにする。

禁止っていうのは、やりかねないからヤメロって決めとくことだろう。想定外のことは禁止したりしないから、法律の抜け穴とかあってひょえーっってなるんだろう。
ってことは、ヒトって、時々、しばしば、場合によって、ヒトを殺す生き物なんだな。
へー。
って、今もヒトゴロシはリアルタイムでたくさんおきてるんだろうから、いまさらそんな事に感心してるこの人、平和で間抜けだな。

宗教っていうのは、ココロの安泰か、クニの安泰のためにある装置なんじゃないかって思う。
側頭葉の一部を刺激すると宗教体験が起こるらしいので、脳みそはカミサマみたいのを信じる様に出来てるみたいだけど、「なんでそうできてるのか」はともかく、そうできてる仕組みの「利用法」は、上の二つじゃないかって思う。
(ときどき、しばしば、常に、)なんでだよう、やってらんねーよってことがあるから、カミサマの責任ってことにしてんじゃないか。
やってらんねー状況が、風土によって違うから、いろんな宗教があって、ゆるかったりきつかったりするんだと思う。
個人としてはココロの安泰が大事だけど、クニっていうのはケンカするものだから、クニをまとめるのにカミサマを芯にしたら強いぞってことで、クニの安泰のために使われる側面が強いっていうか、出来事に対する影響が大きいんだと思う。

やってらんないほど酷い目にあわなくても、にんげんつーのはなんかココロノササエみたいのがあったほうが楽らしい。宗教でも信条でも恋人でもお金でもホントウノジブンでも家族でもペットでも地位でもなんでも、
なんか、これだ!って思うもんがあったほうが楽なんじゃないの。

あ?だからモーゼの一番は神の限定なのかな?

私は自称神仏混合仏教徒なんだけど、ちゃんと習ったのはキリスト教だけ。
この辺で風呂敷畳みましょ。

いろいろな戒律
[PR]
by urasimaru | 2006-02-16 22:29 | いろいろ | Comments(0)

私の理解力

失礼は重々承知なのですが。

変換〜@







手術、長期休養経て8歳牝馬、国際G1スプリント戦で鼻差の4着…


















おお、すごい。
[PR]
by urasimaru | 2006-02-15 20:30 | いろいろ | Comments(2)