ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2006年 12月 ( 38 )   > この月の画像一覧

長い一年でした。

e0043465_028291.jpg

[PR]
by urasimaru | 2006-12-31 00:32 | 写真 | Comments(0)

十二月歌舞伎夜の部千穐楽についての頼りない文章

後ろのおば様たちがパリのトランジットがどうとか凱旋門賞に行ったときはなんとかだったって休み時間に話しててー。ぬぬぬーと思った。

お芝居の感想はー
もう忘れた。べんじゃみん森に帰ろう。


えー菊ちゃんのやつは、なんですか、運命に翻弄されてる人たちみたいな感じ?美しく見える段取りが段取りっぽくなくつながる快感とか。

出刃打ブラボー。サンタも見たかった。見るたびにお銚子の中のお酒の分量を想像してたけど、毎回ぴったりって感じで気分良かったです。菊ちゃんのお舟は最初見たとき、白湯こぼれるぞーって思ったのでそのせいかも。 嫌な客だね。^^;

紅葉狩。海老ちゃん姫いっちょうあがりになって、前と逆にぼたんさんが「小さい人」に見えた。ガリバー効果なのか、演目が出来上がったのか。
歌舞伎の場合、やっぱり一月三回ぐらい、いろんな角度から見るといいです~。何度も見ると、花が開く低速度撮影みたいに、お芝居が熟して出来上がっていく過程が楽しめます。もろもろの余裕があったらやる価値あります。そして、それをずーっとつなげていくと、先々代は…とか語るようになるのかもしれないけど、もう三日前の芝居忘れてる私はどうでしょう…。
でも、劇場の中で幸せならそれでいいのです。

一度それをやったら、芝居を見る目が変わると思う。

e0043465_23455962.jpg

終わったらすごい雨だった。
[PR]
by urasimaru | 2006-12-30 00:01 | 歌舞伎 みた | Comments(5)

あの日あの時あの場所で

e0043465_2084699.jpg


元禄忠臣蔵手拭お披露目映像、大プッシュです!
[PR]
by urasimaru | 2006-12-29 00:10 | 歌舞伎座の写真 | Comments(2)

きのうは沢山雨が降った

e0043465_2347816.jpg

[PR]
by urasimaru | 2006-12-28 00:46 | 電柱さん的写真 | Comments(0)

不忍池

e0043465_110697.jpg
e0043465_1112428.jpg


えいっ!
[PR]
by urasimaru | 2006-12-27 01:11 | 写真 | Comments(2)

むやみに拡大シリーズ

馬です。はい。
e0043465_2243061.jpg

[PR]
by urasimaru | 2006-12-26 00:41 | | Comments(4)

犬の足

e0043465_10314625.jpg

「絶対かまってはいけない犬」とは違う犬です。
[PR]
by urasimaru | 2006-12-25 10:32 | 動物いろいろ | Comments(4)

e0043465_1611113.jpg

[PR]
by urasimaru | 2006-12-24 16:01 | | Comments(0)

松也くん年賀状

尾上松也くんの初舞台の口上の写真をコピーして、年賀状に使ったことがある。
襲名写真をプログラムから白黒コピーして切り抜いて、「本年もよろしくお願いします」とか書いて、それを年賀状はがきにコピーして、水彩で色を塗って、ここまで原型から離れてれば肖像権の侵害にならないよなねっ とか勝手に思って、会社の人とかにも出した。
コピーと水彩でものすごくべこべこになった年賀状だったが、自己満足度は高かった。

そんな(?)松也君もすっかり立派になって…って、ナノお玉気分?


今は年賀状を出してない。

e0043465_19950.jpg

[PR]
by urasimaru | 2006-12-23 01:10 | 歌舞伎の雑談 | Comments(3)

お正月気分/十二月大歌舞伎昼

朝からカレー食べて、電車乗り過ごしたのでダッシュでちょい遅刻。だからハイだったかも?
十二月大歌舞伎 昼の部 
1.八重桐廓噺
菊ちゃんのお話がとっても面白かったです。最近踊りが面白く見られるようになってきました(遅すぎ)文楽を見ると義太夫が聞き取れるようになったから?(少しね)
しかし良い團蔵さん、なぜいきなり自害してしまう!?でも受胎するところ(?)、愛を感じたぜ♪
そういえば、菊ちゃんてさいきん、後半は口紅なしって役がずーっと続いてません?(笑)
中身は男になったってかっこいい!背も伸びたよ。すごく身体殺してたんだなあ。
立ち回りはたのしいなあ。萬次郎さんってどんどん若くならない?

2.忍夜恋曲者
きれいなお姫様ってイメージだった時蔵さん、こんなコクがでてきたんですねー。
三階一列だったので、なんとかスッポンからの出を見られました。面明かり、キター!傘、出たー!じゃじゃーん、せりあがる時蔵さん。妖しくも美しい。目つきがするどいよ。
でも、松緑さんをたらしこむ時は色っぽい~。冷静に考えると不自然な状況なんだけど、二人で踊ってきれいきれい。歌舞伎だなあ。
松緑さん、今年迷いがとれたような気がする。

ガマ好き~。ぶっかえった桃色?朱鷺色?(ピンクって言いたくないの)が似合う~でもかっこいい!がらがら壁が崩れるよ。御所がつぶれるよ。屋根の上で赤い旗をびよーんと投げて、あらきれい。歌舞伎だなあ。

3.芝浜革財布
いつ見ても気分のいい芝居です。歌舞伎ぜんぜん知らない人でも楽しめるよ。
長屋の連中、豪華!!今月は三河屋強化月間♪
何度か見てるはずだけど、こうだっけ?ってところどころ。演出変えてるのかも。すごく楽しかった。これでニコニコ顔で帰れる…って、おっとまだまだ。なんか大盤振る舞いだね。

4.勢獅子
豪華絢爛、盛りだくさん。目玉が八つぐらいないと皆様のチェックができないよー。勿体ないみたいだねえ。歌舞伎だなあ。
ジャック、ストレッチの効果が早くも?前より動きが滑らか。梅玉さんのエスコートがすごく丁寧で、素敵♪紳士だわあ。

このまま夜の部の当日券を買いたいところだったが、もうカラータイマーピコピコだったのでよろよろ帰りました。ぶっ通しで見る人ってすごいよね!


最近で演目の組み合わせが一番良かった気がする。
[PR]
by urasimaru | 2006-12-22 10:04 | 歌舞伎 みた | Comments(8)