ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2008年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

幕末古写真ジェネレーター

こちらから
幕末古写真ジェネレーターなるものを発見しました。

早速東京マラソンのときの歌舞伎座の写真を。
e0043465_19203521.jpg


元はコレ。
[PR]
by urasimaru | 2008-07-31 19:24 | 写真 | Comments(7)

夕焼け/家定は王子キャラ?

e0043465_0241168.jpg

昨日だか一昨日だか、日経の夕刊に篤姫の家定は王子キャラだって書いてあって、えーっ?って思ったんだけど、そうかあれは、魔法にかかって姿を変えられていた王子をお姫様の愛で元の姿に戻すパターンなのか。。(戻ったとたんに死んじゃったんだけど)
じゃ高畑さんが魔女ですか?笑
今書かかないと忘れそうなので。結構ハマった、上様。
[PR]
by urasimaru | 2008-07-31 00:28 | 写真 | Comments(0)

七月大歌舞伎 昼 義経千本桜 (by海老好き)

今日は前より調子は上がってましたが寝不足。自己管理悪い。
「鳥居前」
寝てはいないけどゾンビでした。段治郎の義経と春猿の静が別れ際に二人の世界になるときぐっときました。夜の部も二人の世界だもんね。
海老ちゃんは手足が長くて顔が小さくてバランス悪いって思いました。
そのあとの幕間でお友達に声をかけてもらったのに人間らしい反応ができなくてごめんなさい。カレーを食べて、もういちどさっきの方とお話しして、ちょっと目が覚めた。

「吉野山」
新作ですか?!しかもすごくいい新作ですね!なんて思ってしまいました。この幕が一番楽しめました。(カレーパワー?)普段いかにぼーっと見ているか、歌詞をおぼえているのは女雛男雛のところだけで、それがなかったんで。
最初桜の板に書いたのが置いてあって、それが開くと、
左に滝車、右に坂があってそこに玉三郎。真ん中の桜の木がいつもより写実的で、背景に五重塔がなくて、山の中って感じ。玉さまより滝車をまずオペラグラスで見る私。。。
角があって、キラキラ光る滝車さんでした。上方風の八角柱ってやつ?古風な演出なの?(文楽のやり方に近いらしい??)
なんかいろいろ唄があって、(ぉぃ)鼓を打つとスッポンから海老蔵登場。それをちょうど上から見下ろす席☆だったので、海老ちゃんの顔を見て私は馬になりました。ドナドナ~
いつもの合戦の物語が連れ舞。よかったー。最初は大変だったんだろうけど、月の終わりだから完成形を見られた感じ(藤娘のときを思い出した)。あー今日一回しか見られないんだな~。しんどかったけど、来てよかったよ。

「川連法眼館」
門之助さんの義経、本物忠信に「静は」って聞くところがすごくうれしそうで、あーほんとに愛してるのねーって感じ。
腰元が自分的に豪華。
本物忠信は前より大人になって、ひとまず出来上がりって感じ。
狐忠信は、噂に聞いていたより変じゃなかった(笑)。この役をものにしようと奮闘している一人の若い役者がそこにいました。
競馬風に言うと(こら)「まだ能力だけで走ってるけど、競馬を覚えるともっと強くなると思う」。「競馬を覚えよう」と努力もしているのもわかります。
彼の成長を見守るために長生きしたい!
時々そう思わせてくれるんですよ、歌舞伎って。久しぶりにそう思った。よかった。

座席が宙乗りの真下だったんだけど、左から2ブロックの左二列の人たち、宙乗り直前に退去させられていた。あの人たちはいったい。
宙乗りは正面から見てると楽しそうというより大変そうっていうほうが主に思った。直線一気無酸素運動、って感じ。
体技に対しての拍手じゃなくて、演技に対する拍手が出て、笑いではなく涙で見られるようになるように精進してください。ちゃん付けで呼ぶのをやめてあげます(たぶん)w

玉さまは夜の部では完全にワールドでしたが、昼は思ったほど君臨してる感じじゃなくて、座頭でまとめ役って感じ。(そう思うのは海老目線な私だけかも)。いやー育ててますねー。

市蔵さん、昼夜ともちょっとでてひどい目に~
e0043465_23212277.jpg

吉野山の海老ちゃんの衣装、上半身の車模様がなかったように思うんだけど、劇場の人に聞いても変えたって話はないって。でも膝のあたりに車模様が夕日みたいに大きく金箔で描かれてて、上が無地って顔が引き立つっ!って思ったのは、気のせいだろうか。

久々にカレーコーナーに行ったけど、あそこの仕事に定着できる劇場係りの人って出ないねえー。難しい仕事だけど、昔そつなくこなしていたいぶし銀のおじさんが懐かしい。あの人は引退後、歌舞伎見に来たりしてるのかなー。

みどころコピペ(昼夜)
[PR]
by urasimaru | 2008-07-30 23:32 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

青竹を食べるアフリカゾウさん

「篤姫」のビデオをみてウルウル。よかったー感情移入できてんじゃん。
体調も良化。ブログで愚痴ってすっきりしたかも。

青竹をくわえるゾウさん。そのまま食べるぐらいのあごのパワー。
e0043465_15484715.jpg


割って食べたり。
[PR]
by urasimaru | 2008-07-29 15:54 | 多摩動物園 | Comments(2)

壊れかけのラジオ

感情移入力が低下している。
それはここ半年ぐらいだんだん低下しているような気もするが、最近ひどいな、とはおもっている。
直面したくない現実(ニュースとか)から逃避しているせいかもしれない。

で、泉鏡花の歌舞伎っていうのは感情移入力を要求するんだなーと思いました。
夜叉が池は前回の方が感動した。役者さんの成長は感じたけど。
高野聖は原作が思ったより自分の中にしっかり入ってしまっていたのを実感し、あーそうやるんだっておもった。

こういう状態だったら歌舞伎、というか演劇とか映画とかドラマとか全部見る意味ない。でも見てみないと心が動くか分からない。
先月の写真。日が一番長い楽日だなーと思った。
e0043465_23584567.jpg

[PR]
by urasimaru | 2008-07-29 00:02 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

今年も完熟ゴーヤ

ゴーヤは日差しを遮るのにずいぶん役に立っています。朝顔、へちまに比べて乾燥にも強いみたい。朝晩風呂水または野菜洗ったりした水をたっぷりやってますが、しおれ具合とかが。
去年熟れたゴーヤを食べたのが気に入って、今年も。
e0043465_2334746.jpg

小さい方の中身は種になろうとしたけど種になれなかったって感じでした。

More
[PR]
by urasimaru | 2008-07-28 00:33 | ゴーヤ | Comments(2)

緑のカーテン

ゴーヤです。今年は網を導入して本格的に。種は失敗したので苗を買いました。
e0043465_2328879.jpg


More
[PR]
by urasimaru | 2008-07-27 23:29 | 写真 | Comments(2)

へろへろ

夏バテ。夏バテって思ったの初めてかも。感覚的には八月末ぐらいのダメージうけてるんですが、どうしましょう。
自分が熱を発生していることもいやだよ。
眼科に行ったので目がしょぼしょぼするのはやや改善。まじめに点眼しよう。
体は全身脱皮状態。
頭はおかしい。(いつもより多く回っています)

であるくのが厭なのでビデオをみたりしてた。
東京オリンピックの映画。市川崑。今のオリンピックにはないものがあって、あるものがなくて、街並みとかも…すごく面白い映画。

ようやく團十郎さんの百年インタビューを見た。
お父さんが亡くなったとき19歳で、芸の継承という面からの大変さは考えたり聞いたりしたことがあるけど、父十一代目團十郎が稼いでいたお金がなくなって、自分で稼げる分がすごくすくなくて、というのは考えたこともなかった。そういう現実面も含めて苦労してきた人なんだなあ。
病気のあとの時間はおまけの人生で、集められるものなら集めてみたいとおっしゃっていた。集めてください!

歌舞伎座にいくのにも外出たくない。行くけど。でもまともな状態で見られるとは思えない。玉さまが前にいても寝てしまうかも。

とあらかじめ言い訳。
e0043465_13221460.jpg

[PR]
by urasimaru | 2008-07-27 13:15 | いろいろ | Comments(2)

大井競馬場、レース

e0043465_23353952.jpg

[PR]
by urasimaru | 2008-07-27 00:32 | | Comments(0)

煙突

e0043465_2342221.jpg

東京大学医学部付属病院と東淵寺の間あたりにある。理学部のものらしい。
排気ガスとかの研究をしているようなことが書いてあったような気がする。
ぐーぐるまっぷで見えます。今やっと自分がどう歩いたのかなんとなくわかった。ここから巨大軍鶏のところまでカンで歩きました。
[PR]
by urasimaru | 2008-07-26 00:01 | 電柱さん的写真 | Comments(0)