ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2009年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ダービーは暗かった

昼過ぎから車軸を流したような大雨。一気に不良馬場になった。
カメラを濡らしたくないので散々迷ってうろうろして、パドックは見なかった。
雲は去らなかったけど、競馬ファンの一念か、ダービーのレース前後だけ雨が弱くなり、かろうじて撮影ができた。
やっぱ暗いと小さいレンズだとキツイ…ISO1600でざらざら。でも連写できただけでもラッキー。

e0043465_22272420.jpg

横山騎手、スタンドに礼の図。おめでとう。

ふりっかー

馬主一年目でダービーオーナーなんて凄い。しかしなんで麻生総理がくるんだー><。
来てもなにもしゃべらなくてもいいだろうに。しかもお粗末すぎる内容に疲れがどっとでた。
目黒記念はカメラを出さずにパドックとレースとぼーっとみた。馬券は買わず。

今日一番印象に残ったことはウチパク(騎手、「内田 博幸)のバク転かも。あんな芸があるとは知らなかった。シャーがーカップでもやってー。

来週は晴れますように。
e0043465_22375981.jpg

写真的に一番満足したのはこれかな?
[PR]
by urasimaru | 2009-05-31 22:38 | 写真 | Comments(2)

SN比

サイが見たくて、上野に行ってみた。
でも着いたのが4時すぎ。入れなかったー。
国立博物館はやっぱりどうしても気がいかない。
行かないって決めたら気が楽になった。めったにないチャンスでも関心がないものはしょうがない。今の自分と以前の自分は違うのかもしれない。
科学博物館に足を入れかけるが、やっぱリタイア。
電車で気持ちよく寝た。
まあ、ダービーが控えてるので。

矢車会は客席のSN比(信号の量を雑音の量で割った比)が非常によかった。
特に連獅子の宗論の二人では、客席全体が何が行われるかわかっていて、豪華な配役のごちそうだぞって雰囲気が劇場を包んでいて、かつ役者がその雰囲気をを楽しんで反響しあう気配というのは、めったに体験できないことだった。こんぴらとかあんな感じなのかなー?
e0043465_1059142.jpg

[PR]
by urasimaru | 2009-05-30 20:57 | いろいろ | Comments(0)

ひのき舞台

歌舞伎座、株主優待で舞台木片贈呈=建て直し記念に
 2010年4月末で一時閉館し再開発される「歌舞伎座」(東京・銀座)の大家である東証2部上場の歌舞伎座は27日、取り壊されるひのき造りの舞台の木片を贈呈する株主優待制度を設けると発表した。木片は歌舞伎座を表す焼印を入れ、記念品として加工する。対象は10年8月末時点で150株以上を保有する株主。(2009/05/27-18:45 時事ドットコム)
あんな人はあんな人が立った舞台…はあぁ。

以前こんなこと書いてる。このときはカメラ持ってなかった。
[PR]
by urasimaru | 2009-05-29 11:06 | 歌舞伎の雑談 | Comments(0)

矢車会だから撮れた歌舞伎座の写真

e0043465_10494060.jpg

幕見がありませんでした。

More
[PR]
by urasimaru | 2009-05-28 11:03 | 歌舞伎座の写真 | Comments(2)

矢車会 夜の部 

富十郎主催の一日だけの会。夜だけ行きました。三階中ぐらい上手。
演目は全部踊りです。

一、寿競べ
素踊りなのに雰囲気がひしひしと伝わってきました。でもリスニングできないのでぼーっとしてました。浦島さんの話だそうです。
梅玉さん、魁春さん、さすが息がぴったりです。


二、お祭り
普通に楽しんできました。福助さんの芸者を染五郎さんと松緑さんが取りあうけど染が勝ち、みたいなストーリー。染五郎さんと松緑さんの大太鼓の演奏、盛り上がりました。いつどこで練習するんだろう、ああいうの。(音すごいじゃない?)ゲーセンで太鼓の達人(だっけ?)をやってる二人とか想像してしまいました。笑
あと、神田祭の獅子舞の置いてある大道具、鏡の両側に描いてあったのはなんだったんでしょうか。サボテンかと思った。(オペラグラスでそんなとこみてるやつ)

三、連獅子
まあこれで行ったんですよ。傘寿のトミーが頭振るのか!?大丈夫か!って。振りませんでした。でも全然不満ないです。十歳の 鷹之資くんが二人分振ってました!末頼もしいです。
狂言師の時はお父さんが息子を見守りながら踊るそのままの雰囲気、獅子になって出てきた富十郎さんを見た瞬間、霊獣!って思いました。感動しました。

だれそれの会、っていうの初めてなので、お客さんのスペシャル感に圧倒されました。でもばしばし写真撮ってきました。幕見がないのでカラの幕見席とか、普段は撮れない歌舞伎座の写真をゲット。
掛け声がすごかったー。会の人がこぞっていらしてたんじゃないでしょうか。しかし一日限りの公演で、よくタイミング良くかけられるものですね!さすがです。
あと、大ちゃん(鷹之資)の同級生かな?みたいなお子さんがたくさんいました。でも静かでしたよ。
お花もたくさん。

連獅子の前、2FのVIPルームの周りに警備がやけにいるなー、と思ってたら皇太子さんが来てたのでした。上演前、幕から客席を見に顔を出してる人がいて、皇太子が着席(?)したら拍手が起こって、誰だろうと思った。帰りはカレーコーナーのところの階段が封鎖されてて、出たら正面でみんなが待ってるので一緒に待ってたら車が入口階段のところまで来てそこに乗り込むところを撮れました。
解像度下げて歌舞伎座メインだから何とかわかるぐらいですけどね。でも30分待ったよ。なにやってんだか>自分。ま歌舞伎座のレアなシーンの写真ってことで。
きっとその間富十郎さんとかと談話したんだろうなー。良い記念になってよかったね、トミー♪

More
[PR]
by urasimaru | 2009-05-27 22:44 | 歌舞伎 みた | Comments(2)

境界

e0043465_13531542.jpg


芸術劇場ほか情報(自分用メモ)
5月29日の芸術劇場は仁左衛門の寺子屋と吉右衛門の河内山。

あと、俳優祭も来月あたり放映されそうとか♪

仁左衛門さんのスタジオパークはいつ放映なんでしょうね。(5月20日収録、国会のため生放送できず後日とのこと。ノーチェックだったので私は助かったw)

カブキッズさんの「衣装ができるまで」が面白いよ。
[PR]
by urasimaru | 2009-05-27 13:54 | 歌舞伎座の写真 | Comments(2)

一石二鳥またはてんこもり

e0043465_1110332.jpg

電柱さんと歌舞伎座。
歌舞伎座は「撮っておかなきゃ」って感じで、電柱さんは趣味…つ まとaいじん…ちがうか。^^;;;
文明堂跡地のこの電柱さんは黄色くおしゃれしてるから撮らなきゃ♪ってずっと思ってましたよ。

最近さらに「あちこちでみかけたら撮るぞ、ってモノ」ができたのです。う わ気?

それは
[PR]
by urasimaru | 2009-05-26 11:20 | 歌舞伎座の写真 | Comments(0)

五月歌舞伎座昼の部


e0043465_2046146.jpg
連闘だと寝そうなので、オークスをテレビ観戦に自重して(ゴール写真撮りたかったなあ)、歌舞伎座。
Qpなんとかでキメテ(ほんとにビタミン剤です)ピークが来たのが印象に残った演目、ってことでしょうか。

大好きな演目。
ニッカニカしながら見てました。うれしくて頭爆発です。

チケット取るとき迷ったんだけど、この数十人ジッとして作る豪華な絵面はやっぱり三階から見たいので、一列目上手(エラーが出てかなり端になったけど逆によかった?)。花道は周囲の兼ね合いの中で最大限に自分が伸びたらぎりぎり権五郎の上三分の二が見える感じ。茶後見はなんとか分かった。
左團次さん、ちょっとのどの調子悪い?
赤い兄さんの中でよく親指が立ってたのは松嶋屋兄弟。亀三郎さんと権十郎さんの声がいいなあ。だからそういう配役なのね。
海老ラーなので彼についてはもえーってことで。あ、ツラネで来年の今頃には歌舞伎座がない、みたいなことを言われた時はちょっと涙が出てしまいました。
子供っぽさとパワー的に、ちょうど彼の暫は時分のピークに入ったころじゃないかしらん、と思った。
小金丸の巳之助くんを見て、お父さんがこの役やってたなー、ってそれは女暫?とにかくそっくりだ。
ビタミン剤効果で言っていること(音楽とかも含め)が今までで一番分かった。

爆発した頭でマニアックに写真撮って、ぱぱっとカロリー取って、休憩終わり。

寿猩々はー、松羽目ものはわかんなーい。雑念がむらむらと湧いてぼーっとしてました。
魁春さんの立役、カッコいいじゃん。
そこで消化が終わったのか、手習子はすごく堪能。
八十を超えた芝翫さんが、幼い女の子を踊るんだけど、ほんとにかわいい。芝翫さんの独特の愛嬌いっぱいで、三階から見ているとほんとにまだ子供に見える。道成寺を引いてちょっとその振付も踊るところ、記憶力の良い人は全盛期の芝翫さんの道成寺がダブって見えるんだろうなあ。そういう奥行きのある演目がある日本舞踊っていうか歌舞伎っていうか?は、いいなあって思った。

加賀鳶
そろそろパワーが尽きてきてぼーっとしてきつつ見る。勢揃い、豪華っす。松緑さんの立ち方がきれい。
時蔵さんのお兼は、こんなきれいな人がなんで道玄と?って感じだけど、夜の部の夕立の二人のなれの果てっぽく思えて個人的に味わい深かった。
しかし、頭も尻尾もちょん切れた芝居だねえ。死神もやりたい菊五郎さん、国立でよろしく。
お朝ちゃんのその後と喧嘩がどうなったのか知りたい。

戻駕色相肩
なんかよくわかんないけどきびきびした踊りで楽しかった。やっぱ鴛鴦が楽しめなかったのはド中心が見えないって状況からだったかも。
でももうへろへろ。
豪華だけど長かった…。何度見ても飽きない演目ぞろいだけど、一度で手いっぱいだー。やっぱりオークス行かなくて正解。

でも銀座でうろうろして写真撮った。最近ようやくCX1が手の内に入ってきて、何撮っても楽しい時期に入りました。^^

More
[PR]
by urasimaru | 2009-05-25 20:51 | 歌舞伎 みた | Comments(5)

五月歌舞伎座夜の部 

前のエントリーとかぶりますが。
一、恋湊博多諷(こいみなとはかたのひとふし)
  毛剃
ばってん言葉、たしかに何をいってるのかイマイチわかんないけど、いいやー、團十郎、でっかくて。直前に「ほうおう」を読んだので、汐見の見得で、「うっとくるんだ…」ってずっと思ってた。でも壮大で素敵。
坂田藤十郎さんはいつも通り(でもちょっとあっさりめ?)なので、とても場違いな人が船に乗った感じ。そこがいいです。
博多の廓は趣が違うなあ。菊ちゃんの肩幅が最近気になるんだ私。でもきれいだけど。まあ、若いんだろうなあ。(好きなのよ)
江戸時代の遠距離恋愛は大変だ…。
女郎の打掛の下の着物の色の切り替わりって、ミニスカートのボディコン(これも死語かな)みたいな感じで色っぽいなーとか思ったり。女の着物をはおった藤さま、様になるぅ。
毛剃一向の大盤振る舞い、すっげー。
髪梳きの場で思い切り雑音が鳴り響いて客席係りの人が複数ダッシュしてた。ああ。
黒に花篭(だとおもった)の打掛に正装した菊ちゃんが花魁の気品を見せて、そのうえでお金を貸してくれと頼む。凛としてていいわー。
役人、と聞いて取手とか四天とか期待しちゃったけどそれは出ず。結局自分だけ相手なしで引っ込む毛剃。人がいいっていうかおおざっぱっていうか、ストーリーどーでもいいっていうか、成田屋あ。好きっす。
手下を抑えるときの團十郎の声が自分に向って(自分目線では)直線的に向ってきて、歌舞伎座の客席で反響した時の醍醐味。あーいいわー。

二、小猿七之助 御守殿お滝
  夕立(ゆうだち)
ヤバイ大人の色気にノックアウトです。時蔵さん、「いい女だなあ~」

三、神田ばやし
三津五郎さんが白髪のおじいさんで違和感がないのにちょっとショック。海老ちゃん、トロイ人なのかな?と思ったらなんか深いこと言うし、シュール。海老ラーとしての自分は彼の挑戦大歓迎だけど、歌舞伎を見るものとしては、松緑さんがやったらしっくりくるかな?なんて思ったり。
やっぱ海老ちゃんは人間離れした役が似合うので…七月が楽しみだあ。
世話物の超絶コンビネーションをいくつもほかの演目で見てるので、それに比べるとアンサンブルも長屋のキャラの掘りもいまひとつなのは否めない。また見てみたいな。
「梅枝クン、若いのに頑張ってる」って思わなくなった。えっと、それだけ成長してもう普通にバリバリって感じ。浴衣のマジックの種が知りたいw

四、鴛鴦襖恋睦(おしのふすまこいのむつごと)
  おしどり
夕立のオトナコンビを見てしまったせいか、久々にこの人たちが若手花形だなあって思った。オシドリはどうなってるんだろう。デコイみたいなのかな?とか、水飛沫の片づけが目立たないタイミングでグッジョブ!とかそういう目線で見てました。

「さよなら公演」だけど意欲的な演目だったなー。
花道が見えないことには慣れてるけど、二列目で前の人が前傾じゃないと見えないだろうなーとあきらめざるをえなかったのでちょっと体がねじれた。

あ、チケットのもぎりに研修中って名札の劇場係の人がいて、なんかほっとした。
こないだ森光子のテレビで芸術座の裏方の人が転職するっていうのを見て、心配だったから。

三階のカーテンが歌舞伎模様っぽい縞だったらしい痕跡の色、見えますか?
e0043465_14173975.jpg

ふりっかー

More
[PR]
by urasimaru | 2009-05-23 14:18 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

アリバイ証明写真

愛してないから縦のものを横にもしてやらねえ。
e0043465_23465621.jpg


いやー團十郎はいいなー。
夕立のやばいオトナっぷりに鴛鴦が子供にみえた。
神田まつり、なんかシュール、って思った。
久しぶりに歌舞伎座の写真を撮った。
てかビタミン剤とサポート靴下と歌舞伎でハイになって銀座の地面のごみとか撮ってた。

一応あとでもうちょっとましなことを書こうと思ってるんだけど、これを書かないと眠れない感じ

毛剃の小女郎の部屋?の、これぞ上方和事の見せ場!って時に、三階上手でなんかすげーアラーム音がした。ケータイとか時計とかっぽくない、なんか避難しなくちゃいけない?って雰囲気の音で、どんどん大きくなって…なんだったんだろう。ペースメーカーの故障とかじゃないといいけど。
しかし藤さまと菊ちゃん、気の毒。
東京文化会館の、上演直前にケータイ音が鳴ってビビらせる「ご注意」ってすごく効き目があると思うんだけど、歌舞伎はシーンとならずに始まるから無理だなあ。
[PR]
by urasimaru | 2009-05-23 01:31 | 歌舞伎座の写真 | Comments(2)