ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2010年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

クマって大きい

e0043465_1922764.jpg

大哺乳類展にて。基本的に撮影おっけーなのが太っ腹でした。台に乗ってたと思いますが、クマってやっぱり大きいですね。

でも上野動物園のマレーグマの子供は可愛いです。名前はウメキチ。^^
e0043465_19235020.jpg

[PR]
by urasimaru | 2010-06-30 19:24 | 動物いろいろ | Comments(0)

大哺乳類展にて レオポン

e0043465_21343766.jpg
e0043465_21342012.jpg

ヒョウの父親とライオンの母親から生まれた(っていうか産ませた)種間雑種、レオポン。(英語で豹はLEOPARD、ライオンはLION豹の『LEOP』とLIONの『ON』を合わせて、LEOPON)
「新しい猛獣を生み出そう」、世界各地の動物園がこんな競争をしていた時代がありました。トラとライオンの混血児の「タイゴン」や「ライガー」が欧米で誕生。戦争の影響で、やむなく猛獣や巨大動物を殺処分した動物園が、珍し動物の導入に懸命だったとか、発展中の科学への関心を高めたいという背景もあり、昭和30年代、日本で雄ヒョウと雌ライオンの組み合わせによる「レオポン」の誕生に成功しました。
珍獣レオポンの話は昭和の子供だった私には本とかでよく読んだもので、今回この剥製を見て感動しました。
雄のレオポンにはたてがみがあるので、これは雌ですね。個体によってポーズが違い、ネットで検索して私は「デイジー」ではないかと思うのです。
ヒョウやライオン自体が絶滅するんじゃないかっていう2010年の感覚でいうといろいろな感情をもたれるかと思いますが、科学と歴史の貴重な財産。染色体とか研究するといろいろな知見が得られそうです。

星新一 ―一〇〇一話をつくった人 (新潮文庫 最相 葉月)〈上〉 を読んだばかりで、SF揺籃期に作家となりつつある星新一とその時代となんかリンクするものを感じたり。
あ、ネット重くなってきた。
[PR]
by urasimaru | 2010-06-29 22:41 | 動物いろいろ | Comments(0)

頑張れシャア

シャアです。
赤いメンコはお約束ですね。掲示板もガンダムネタで盛り上がってます。
お父さんのツルマルボーイは乗馬を目指してるということ…なので、余計がんばって欲しいです。
昨日は宝塚記念のパブリックビューということで、東京競馬場に行きました。まあ広い場外馬券売り場って感じですが。
府中で開催していないときは、東府中には各駅しか止まらないんですねー。
でもスタンドが空いてて風にふかれながらまったりと観戦できました。
めずらしくフジビュースタンドから富士山が見えましたよ。
e0043465_15474836.jpg

[PR]
by urasimaru | 2010-06-28 15:48 | | Comments(0)

Germany 4-1 England

e0043465_1264138.jpg

BBC Sport's chief football writer Phil McNulty
"Only celebrating Germany fans are left inside the Free State Stadium. England's supporters are off to drown their sorrows after watching their team handed a painful lesson. We may never hear the last of Frank Lampard's "goal" that was shamefully missed by the officials, but England must not kid themselves or let one moment disguise their failings because they were cut up in embarrassing fashion by Germany at times.

"This was a disappointing end to a disappointing World Cup campaign."

よその国の試合は気楽なのでみてみました。因縁だし。
ブブゼラ関連で拾っておいた画像とあわせたら妙に皮肉っぽくなっちゃいましたか。
審判って絶対なんですね…

てか、イングランド代表監督がイタリア人て時代なんだー 遠い目…
[PR]
by urasimaru | 2010-06-28 01:31 | いろいろ | Comments(2)

コモモ

e0043465_22223155.jpg
e0043465_22225126.jpg
e0043465_2223220.jpg

上野動物園のゴリラの子、コモモです。
こういう風景をみると、絶滅しないでほしいなあって思います。
ゴリラは、ひとんちをのぞいてすみませんって気分になる。
チンパンジーはもっと劇場型って感じで、オランウータンはあまりこっちを気にしてなさそうな気がする。(おおざっぱ。)

7月からエキサイトブログの一つ一つの記事に広告が入るようになるそうです。
うっとおしいなあ、どうしようかなー。
とりあえず、私の意志で入れてるわけではありませんのでよろしく。
[PR]
by urasimaru | 2010-06-24 22:31 | 上野動物園 | Comments(0)

新橋→上野

六月喜劇特別公演 昼の部。起きられなかったので
二、藤山寛美二十快笑の内 幸助餅のみ観ました。
安心して見ていられる人情喜劇。歌舞伎の見過ぎで女の花魁が新鮮…^^;;;。カーテンコールのかわりに藤山寛美の歿後20年を偲ぶ口上がありました。
二時に終わったので、上野動物園へ。
念願のマレーグマの子ウメキチ、ゴリラの子コモモを見て、西園に行こうとしてたら猿山に飼育係の人が梯子を持って入っていて、何だろうと思いつつもそのまま通り過ぎたら、脱走があったそうで。無事つかまって良かったです。下北半島の野生の群れになってからいろいろ大変そうですね。

ホッキョクグマは工事中で見られないということだったけど、遠くからちらっと見えた。

西園のコビトカバプールに仮住まい中のカリフォルニアアシカの水中の様子がぜひみたかった(子供もうまれたし)動画貼ります。
屋内プールと屋外プールを自由に行き来してるみたいでした。


あ、フォッサを見忘れた。木曽馬の子もみてないし、またいかなくちゃ。
e0043465_22194724.jpg

目をつぶってぐるぐる泳いで大丈夫なのかジョン?(薄目あけてる???)
[PR]
by urasimaru | 2010-06-22 22:23 | 上野動物園 | Comments(0)

モリーさん

e0043465_20183529.jpg

2010年で推定年齢58歳とされメスのオランウータンの最高齢記録だそうです。人間では100歳ぐらいとか。
左目は見えず、右目もまぶたが垂れ下がってふさがっているので、指で持ち上げて見ています。
クレヨンで画を描くモリー画伯としても知られています。^^
[PR]
by urasimaru | 2010-06-21 20:32 | 多摩動物園 | Comments(2)

シフゾウ

e0043465_13332172.jpg

アオバくんがメスと同居。世代交代。来年は楽しそうだ。
[PR]
by urasimaru | 2010-06-20 13:43 | 多摩動物園 | Comments(0)

NHKスペシャル「密使 若泉敬 沖縄返還の代償」

密使 若泉敬 沖縄返還の代償 再放送
2010年7月31日(土)
午後4時05分~4時59分 総合


NHKサイトからコピー

1972年に、「核抜き・本土並み」をうたって実現した沖縄返還。しかし、その裏で、「有事の核の再持ち込み」を認める「密約」が、日米首脳の間で取り交わされていた。その交渉の際、「密約は返還のための代償だ」として佐藤首相を説得し、密約の草案を作成したのが、首相の密使、若泉敬・京都産業大学教授だった。若泉は、1994年に著作『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』でその秘密交渉を暴露し、2年後に亡くなった。若泉はなぜ国家機密を暴露したのか。

これまで全く明らかにされてこなかった、機密資料と新証言から浮かび上がるのは、沖縄返還の代償として結んだ密約が、結果として基地の固定化につながったことに苦悩し、沖縄県民に対する自責の念に押しつぶされる若泉の姿だった。本土と沖縄の断絶に引き裂かれ、破滅していった若泉敬の生涯を通して、いま日米間の最大の懸案となっている、“沖縄問題”の深層を描きだす。

みてものすごく重い気持ちになりました。
沖縄についてなにもしらない私。
というか、知ろうとすると苦しすぎて怖くて近寄れない。
そんな自分は人間としてダメだとか思っちゃうので、(でもそう思うことは何の解決にもならないので)
ひどくしんどい。
世の中にはひどいことがたくさんあって、全部が私のせいだというわけじゃないけど、安楽に暮しているのが罪の様な気がするので、なるべく重いことから逃げないとちょっとしんどくて…

でもこないだの佐倉義民伝の時、どうしても舞台の中の百姓の苦しみが沖縄の基地の問題に重なってしまって。

で、この番組ですが、
よりによってサッカーの裏という時間にやるっていうのは…陰謀ですか?半笑

NHKだから再放送すると思うので、それに期待してブログの記事にすることがせめてもの償いのような気がする。
[PR]
by urasimaru | 2010-06-19 22:18 | いろいろ | Comments(2)

ディスプレー中のクジャクの後ろ姿

e0043465_1119141.jpg

多摩動物園ではクジャクのオスが放し飼いになっているので、繁殖期にはこの様な姿が間近で見ることができアンす。
e0043465_11192381.jpg

雌にアピールするための羽は上尾筒(じょうびとう)と言って、繁殖期が終ると抜け落ちます。本との尾羽はその後ろで上尾筒を支えている扇のように見える灰色の部分です。尾羽を震わせてザザーッという音も出します。
個人的にはその下の白いぽわぽわの羽毛が可愛い。
[PR]
by urasimaru | 2010-06-19 11:29 | 多摩動物園 | Comments(0)