ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2010年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ただいまー

戻りました。なんか気候が不順ですね。とりあえずおしらせまで。
[PR]
by urasimaru | 2010-09-29 19:29 | いろいろ | Comments(8)

しばらく留守にします

ネットがつながらないところにお出かけです。
じつは明日は大丈夫なんだけど
気分が のめってるのでもう書いちゃうよ。

e0043465_214247.jpg


上野の科学博物館にて撮影。
[PR]
by urasimaru | 2010-09-21 21:07 | いろいろ | Comments(4)

MM9を買う

MM9
ドラマ化してるから近くの本屋にもあるだろう、と探したら二冊置いてあった。
てっきりハヤカワだと思って探してる間に火星年代記の新版とかいうのも目について、それも買う。
レジに鬼平のDVDブックの初号があってつい買う。(そういえば、そんな風につい買った初代ゴジラのDVDブック、見てないや。^^;)
それをちょっと迷ってたら、レジの人がハヤカワだけサイズが違うんですよねーって言いながらカバーをかけてて、あ、いいですよーなんて言ってたらかけ終ってた。次にMM9にカバーしてくれながら、これ、怪獣がなかなか出てこないんですよね、なんて話しかけられて、ちょっとびっくり&得した気分。
近所のもう一つの本屋がつぶれてから、こっちもつぶれたらやだな、ってちょっと焦ってるのでした。
読んでない本&読み掛けの本、たくさんあるんだけど、本を買うって行動自体が楽しいのだった。
[PR]
by urasimaru | 2010-09-20 21:01 | | Comments(2)

セントライト記念

クォークスターつよいですね。でもヤマニンエルブ に今後期待しちゃう♪
なんて久しぶりに書く気になれたのは、今日はBSで関西テレビの競馬中継をみていたから。
関西の競馬中継はまともだなあ。
[PR]
by urasimaru | 2010-09-19 22:18 | | Comments(0)

今日の「チャンス」の亀治郎

土曜ドラマ「チャンス」、今回は証券会社の乗っ取りの話で、馬はほとんど出ず。
亀ちゃんの役って、初回みてないから良くわかんないけど、「金儲けにしか興味のない冷血漢」で主人公の女性と常に敵対する感じのキャラみたいなんだけど、なんかみてると主人公に気があるようにみえます。
設定がそうなのか?
忠臣蔵の顔世に対する師直みたいな感じで横恋慕(といってもこのドラマの主人公にはパートナーはいないんだけど)してるような感じがする。
てな偏見の目でみていたので、会社を乗っ取って主人公を資料室に左遷したのはがっかりだったなー。どうせなら秘書にしていぢめるとかするのかと。あ、ドラマ的にそんな時間ないですね。なんか来週モンゴルロケ入ってるし。(主人公の仕事関係のシーンみたい。)
まあそんなわけで、今回は亀ちゃんをたっぷりみられたのでよしとしなくてはいけないな、と自分に言い聞かせるのでした。
菊花賞とか三歳とか、もう知らない~。 ウリャァ!! (ノ-_-)ノ ~┻━┻・..。;

一時間半経ってもやっぱりこのくらい書かないとやってられんだ。
正直、あと二回の我慢だ。

亀ちゃんと馬の絡みはみたいから見ないわけにもいきません。(なくてもまあいいです。あと二回だし。)

門別ってちょっと行ってみたいとか思った。
ずっと競馬場キープして待ってて下さい。
そういう関係上、悪口書きたくはないんだよ。。。。。。

鳳証券の建物。あれはいいものだ。
[PR]
by urasimaru | 2010-09-18 23:15 | いろいろ | Comments(0)

秀山祭九月大歌舞伎 夜の部

演舞場の三Aにもだいぶなれてきたなあ。
一、猩々 ぼーっとみてた。
梅玉さんの方が松緑さんより顔が大きくみえるのって不思議。イメージと逆。

二、俊寛
最近ちゃんと起きていられたためしがないんで心配してたけどやっぱり時々寝た。でも思い返すと思ったよりずっと寝てたわけではないような気がする。最後吉右衛門さんの目が真っ赤だった。
千鳥って都についた途端殺されちゃうんですって?あらまあ。

三、鐘ヶ岬
芝翫さんがいままでみたなかで一番若く見えて、雑誌とかで見た小波とかのころみたいにみえて、とてもきれいですばらしいと思った。
うかれ坊主
富十郎さん、幕開けのときは小さくなったなーっておもったけど、観てるうちに大きく見えてきた。
歌詞を解読したいので今度NHKでやるのみようかな。10月7日(木)14時~14時44分(再放送10月10日(日)23時30分~24時14分)「芸能花舞台」

なんか堪能した踊り二つでした。

四、引窓
なんか新鮮だった。

More
[PR]
by urasimaru | 2010-09-17 22:53 | 歌舞伎 みた | Comments(5)

月に囚われた男

e0043465_2213935.jpg
 

月に囚われた男を観てきた。
すごーく面白かった。
新聞評を読んで観たいな、と思ってて、まあなんとか都合があったので。
観たいな、と思ってもみないで終ってしまう映画ばかりなんだけど、そして観てもふーん、で終ることも多いんだけど、映画って面白いな、って思ったし、映像でしかできない表現だし、観てて本気で感情移入したし、なんかすごく波長があったみたい。
想像してたよりまともな人たち(?)のまともな行動でわりとよいエンディングだったので、なんどもへーって思ったり、びっくりした。私がブラックすぎるのか、怖い話ばかりみてきたのか、性格が悪いのか^^;

ほんとにみてよかったよ~

主演の人、すごい。(一人三役っていうか…)
[PR]
by urasimaru | 2010-09-15 22:22 | いろいろ | Comments(2)

荒川の佐吉を見て号外を受け取る 

寝坊した。沼津の近道狙いもあって一階後方(B)の通路際をとったのに…最後の死んじゃうとこしかみられず、ごめんなさーい。
ただ、まあこの二つ両方ってヘビーだよな、とは思ってたので、荒川の佐吉を堪能するためには十分…そしてそれだけでも価値は十分…口上みたかったけど…歌江さんとか吉之丞さんとかみたかったけど、とにかく荒川の佐吉はすごくよかったし、涙がだらだら出ました。
吉右衛門はちょっとしかでてこなくてもカッコよかったし…播磨屋の皆さん、ごめんなさーい!梅玉さん、魁春さん、ごめんなさーい(それはありそうだと思ってたけど)

山城屋さんの踊りはぼーっとみて、(踊りはいつもそうだからなー)
ぶらぶら銀座に歩いてったら、なんかカメラが。
号外配ってました。
e0043465_20271050.jpg


読売と毎日はいたけど、朝日は号外ださないのかな?それとももう終わってた?

あーそうそう、ブロマイド出てた。
[PR]
by urasimaru | 2010-09-14 20:29 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

アリエッティ見てきた

台風で空いてたので。
なんつーか、あまり力を入れずに時間を過ごせてよかったな、って感じでした。
映画館で見てよかったな、と思った理由に音響がありました。コビトが聞く音って感じの臨場感が体験できてよかった。


予告編、ヤマト見ちゃったよー。
ーー;;
[PR]
by urasimaru | 2010-09-08 19:22 | いろいろ | Comments(0)

イトツが見たのはこれかー

ゲゲゲの女房、ハマってます。
風間杜夫演ずる水木さんのお父さんは歌舞伎が好きで、東京暮らしをしてからはちょくちょく歌舞伎座に行って、近所の人相手に声色なんてやってましたが、今週はお亡くなりになりそうな雰囲気…。
昨日は「つかこうへいにあこがれる小劇場の若者と話があわない」という、ちょっと切なくなるシーンがありましたが、今日はなんだか歌舞伎座に行っていいことがあったようで久々にご機嫌で「不義になって貸して下され」ってやってました。
今までスルーしてた声色ですが、これは調べたくなってしまいました。
おー、「ゲゲゲ」の公式サイトのあらすじに年月もちゃんと出てる。1984、まだ歌舞伎見てないころ。競馬はテレビで見てた。MTVとか好きだった。ナウシカ。そんな時代。

(あたりまえですが)細かいところもちゃんとできてるドラマだなーとあらためて思いました。家電製品とかも年代に忠実に再現してありますよねー。

あ、これですね。
以下こちらのデータベースで で検索しました。


歌舞伎座 1984年 4月 (昼夜公演) 昼の部 3
女殺油地獄(オンナコロシアブラジゴク)
徳庵堤茶店~河内屋内~豊嶋屋油屋(トクアンヅツミチャミセ~カワチヤウチ~テシマヤアブラヤ)
配役
河内屋与兵衛 = 片岡孝夫
七左衛門女房お吉 = 中村芝翫(7代目)
父河内屋徳兵衛 = 片岡仁左衛門(13代目)
豊嶋屋七左衛門 = 中村福助(8代目)
叔父山本森右衛門 = 市川左團次(4代目)
小姓頭小栗八弥 = 片岡孝太郎(初代)
兄太兵衛 = 中村勘五郎(13代目)
白稲荷法印 = 市川子團次(2代目)
母おさわ = 上村吉弥(5代目)
妹おかち = 中村松江(5代目)
芸者小菊 = 中村橋之助(3代目)
会津の客郎九 = 中村歌門(2代目)
皆朱の善兵衛 = 松本錦吾(3代目)
刷毛の弥五郎 = 片岡松之助(4代目)
茶屋亭主作右衛門 = 松本幸蔵(初代)
金口入小兵衛 = 片岡當十郎(3代目)
掛取庄造 = 中村扇豊
山上講先達藤兵衛 = 實川延郎(2代目)
山上講先達佐助 = 中村翫之助(4代目)
山上講先達太郎兵衛 = 中村鴈童(2代目)
花車お杉 = 市川左升(3代目)
女房おきん = 松本幸雀(初代)
参詣人お増 = 市川升之丞(2代目)
参詣人おふじ = 澤村藤車
馬丁権六 = 澤村大蔵(初代)
男衆 = 片岡松弥
幇間 = 市川升一郎
馬士 = 市川男女二郎
小栗の供侍 = 實川若之介
小栗の供侍 = 松一郎
参詣人 = 中村歌司
参詣人 = 中村福次
参詣人 = 中村仲一郎
参詣人 = 中村仲二朗(初代)
参詣人 = 中村富四郎
参詣人 = 中村富次郎
参詣人 = 松本幸次郎(初代)
参詣人 = 市川升助(初代)
参詣人 = 国次
参詣人 = 市川美喜造(2代目)
参詣人 = 広浜武司
参詣人 = 川中功
仲居 = 片岡秀寿
参詣人女 = 中村鴈乃助(2代目)
参詣人女 = 片岡千次郎
参詣人女 = 田紀夫
参詣人女 = 中村時枝
七左衛門娘お光 = 黒沢裕之
備考近松門左衛門作
[PR]
by urasimaru | 2010-09-07 13:50 | 歌舞伎の雑談 | Comments(2)