ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

天皇賞

電柱撮って風邪っぽくなったのでテレビ観戦。
ブエナビスタ、強かった!
NHK、面白かった(通訳以外)。
エイシンアポロンは気の毒だ。
あー三行で終ってしまった^^;
[PR]
by urasimaru | 2010-10-31 21:34 | | Comments(0)

電柱工事の一部を垣間見た



古い電柱から仮設電柱へつながってるものを移動して、古い電柱を回収するところです。
その後、古い電柱の立ってたところに新しい電柱を本格的に立ててそっちに移動したみたいですが、全部は記録できませんでした。
[PR]
by urasimaru | 2010-10-30 23:42 | 電柱さん的写真 | Comments(0)

台風…

e0043465_13541188.jpg

十月末なのにね。
急に寒くなったので去年のヒートテックとか発掘しました。なにがどうなってるんだ。
*写真と文章は関係ありませんw
[PR]
by urasimaru | 2010-10-30 13:57 | いろいろ | Comments(0)

セキショクヤケイ

e0043465_22142473.jpg
e0043465_22141872.jpg
e0043465_22141199.jpg
e0043465_2214483.jpg

e0043465_2218141.jpg

『ニワトリ 愛を独り占めにした鳥』を読んでから、動物園に行ったら見ようと思っていた赤色野鶏です。夕方帰ろうとしたとき思い出して急いで見にいったので、写真ひどいですが。
地味な方がメス。オスの蹴爪がすごくて、闘鶏起源説もなるほどって感じ。
カラスより小さい。これをあんなふうにとかあんなふうにとか改良しちゃった人間ってすごい。
その改良例として、尾長鶏が隣のケージにいました。オスの顔が写ってない^^;
オナガドリっていうのは、オスの尾羽が抜け変わる遺伝子が働かない突然変異だそうです。メスも尾羽が長かった。身体はセキショクヤケイの倍ぐらいって感じ。うーん、もう一度読みなおそう。
e0043465_22204846.jpg
e0043465_2220582.jpg

[PR]
by urasimaru | 2010-10-29 22:27 | 多摩動物園 | Comments(2)

水面を走るオオフラミンゴ

e0043465_21305492.jpg
e0043465_21304765.jpg
e0043465_2130423.jpg

なんだかみんなでぐるぐる走ってました。
追加
フラミンゴは50mほど助走しないと飛び立てないそうです。
野生のフラミンゴが飛び立つ様子はこんな。ハイエナがフラミンゴの群れを追い掛けます。
たしかにフラミンゴの上昇角度、低いですね。

[PR]
by urasimaru | 2010-10-28 21:33 | 多摩動物園 | Comments(8)

シャクチリソバ

秋吹っ飛ばして冬になっちゃったけど台風来るんですねー++
e0043465_19112572.jpg

赤地利蕎麦 タデ科ソバ属の帰化植物。薬用として栽培されたのが野生化したそうです

カウンターが突然600以上になってる。エラーじゃないか。虫の方でも一度あった。
[PR]
by urasimaru | 2010-10-27 19:21 | 花 写真 | Comments(0)

久しぶり

e0043465_18273659.jpg

久しぶりの電柱写真です。^^
[PR]
by urasimaru | 2010-10-26 18:27 | 電柱さん的写真 | Comments(0)

『團十郎復活』読了? ほか

『團十郎復活』
春に読み始めて途中放置(面白くないからじゃないです)していたのを、
しおりが挟んであったあとの分を読み終わった。最初の方は忘れてるし、テレビとかで闘病の話を見聞きしたのと混ざってるのでまた読み返さなくちゃ…^^;
闘病以外に思い出話、芸や家族、宇宙や世の中に関する思いなど、驚くほど率直に述べられていたのが印象的だった。
海老蔵襲名で倒れた時の記憶がなく、自分が観たんだか観ないんだかわかんないんだけど、ニュースを聞いた時のショックはおぼえてる。象引の復活のときは近い席でみたんだったなー。

十一月の国立劇場、まだ予定がいれられないんだけど、観たい!
あと、一月の海老ちゃんの…嗚呼。

テレビで助六やるよ!
10月29日(金)23:00~25:15 NHK教育「芸術劇場 歌舞伎『助六由縁江戸桜』」市川團十郎ほか出演 (2010.10.22)
今年4月歌舞伎座の、「歌舞伎座さよなら公演」を締めくくった『助六由縁江戸桜』(出演:市川團十郎・坂東玉三郎・片岡仁左衛門・中村勘三郎・坂東三津五郎・市川海老蔵・中村福助・中村東蔵・市川左團次・尾上菊五郎ほか)を放送。また、助六を演じた市川團十郎をスタジオゲストとして迎え、作品のみどころなどを伺う予定。


これも面白そうなんだけどBSだからみられるかな?(亀ちゃんが踊りの「コマ」を踊るのかと思った)
10月30日(土)21:30~21:59 NHK衛星ハイビジョン「男前列伝 “独楽”と“独歩”ひとりたのしむ」市川亀治郎出演 (2010.10.25)
“独楽”(独りを楽しむ)という言葉を座右とした画家・熊谷守一(くまがい もりかず)。人前に出る事を嫌い、いかなる賞も辞退し仙人のように生きた。天才と言われながら前半生はほとんど絵を描かず、97歳で死ぬまでの30年間は自宅の敷地から出ることなく、庭で草花や昆虫を見つめては独自の表現で迸るように描いた。歌舞伎俳優・市川亀治郎は部屋に“独歩”という書を飾っている。彼の素顔は小さな書店が開けるほどの蔵書を持つ勉強家、独りで静かにいる時間を大切にしている。生き方は対照的ながら「独」を愉しむことでつながる亀治郎が、「わずか15坪の庭にすべてがあった」と語られた庭を舞台に守一の一日を追体験。守一にはどのような時間が流れていたのか、その秘密を解き明かす。
[PR]
by urasimaru | 2010-10-25 20:59 | | Comments(0)

やっぱり菊花賞についておもったことを書いておこ。 

皐月賞は一番速い馬が、ダービーは一番ラッキーな馬が、菊花賞は一番強い馬が勝つと教えられて育ったので、
今年の菊花賞を見ると、サラブレッドの適距離はマイルって世の中になって、日本の三冠もいよいよ形骸化してしまったのかな~とかさみしいことを思った。
勝った馬が弱いとかじゃなくて(頑張った、おめでとうって気持ちはいつもと同じ)、超スローペースすぎでしょう。大逃げに気がついてあわてて追いかけるとかいうレースは過去もあったけど、なんかもう三千超なんてマニアックな世界だから、二千のレースにする以外攻略法考えないようになっちゃったのかな?なんて思ったり。
横にらみで動けないって、今の日本を象徴してるのでは、なんていってみたりして…そーいえばここ数年日経の春秋氏、苦しそう。なんかなあ。

えっと、
ビッグウィーク、今後の活躍を期待します!

テレビはNHKをみたけど、NHKの競馬中継の割にはよかった。でもパドックが人大杉で馬が見えなかったよ。あと、中央競馬中継(だっけ?四時からの柏木集保の怒ってたやつ)を見て、フジは録画したレース部分とジョッキーインタビューだけ。でも関西のレースだからフジも悪くなかったな。前半を見る気はしないけど。
[PR]
by urasimaru | 2010-10-25 00:25 | | Comments(2)

ヨウシュヤマゴボウ

e0043465_2150995.jpg

花言葉は野生、元気はともかく、内縁の妻ってなに?!

花とか茎?の色がきれいなので撮った。10月初旬。
今年の天候で全体に雑草の元気がない中、気を吐いてたような印象をうけた。
[PR]
by urasimaru | 2010-10-24 22:00 | 写真 | Comments(4)