ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2011年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ショクダイオオコンニャクの花を見に行ってきた

e0043465_19462758.jpg
e0043465_19462017.jpg
e0043465_19461213.jpg

神代植物園でもうすぐ開花しそうな状態ということで、見てきました。
まだ
ショクダイオオコンニャク(燭台大蒟蒻)、スマトラオオコンニャク(スマトラ大蒟蒻、学名Amorphophallus titanum)は、インドネシア、スマトラ島の熱帯雨林に自生するサトイモ科・コンニャク属の植物。
世界最大の花として有名。その強烈な腐臭から死体花、またオバケコンニャク(お化け蒟蒻)という名前もある。
光合成で数年(7年かそれ以上らしい)かけてイモに栄養を蓄え、大きいもので60センチ以上になる。写真の緑の襞のように見えるのは葉の変形した仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる、ミズバショウの白い部分にあたる。中に棒状の花序があり、先端には付属たいと呼ばれる臭気を出す部分があり、それがちょっと頭を出した状態。腐ったような臭いで虫を集め、つるつるの仏炎苞の内部に閉じ込め、花が枯れるときに花粉をつけて開放し、その花粉が別の花に受粉する仕組み。
日本では葉を挿し木にして増やしていて、去年開花した小石川のものと兄弟にあたるそうです。
神代植物園のこの花は付属体の一部が欠損しているのでちゃんと咲くか心配だそうです。
臭気はよくわからなかったのですが、マスクをしていったら、見た後にマスクがガス臭い感じがしました。
過去のニュース画像を貼っておきます。

[PR]
by urasimaru | 2011-11-29 20:13 | 花 写真 | Comments(0)

ジャパンカップの写真をスライドショーにしました

1年前の無念を晴らす劇的復活V!ジャパンCはブエナビスタが史上2頭目の親仔制覇、GI6勝目を飾る


キャプション入れて作ってる途中でPCが凍ったのでなしでダダまとめ。
アップロード途中で止まってたらしいのでやり直しました。
[PR]
by urasimaru | 2011-11-28 23:50 | | Comments(2)

ジャパンカップ2011

e0043465_22472670.jpg

ブエナビスタ、おめでとう♪
[PR]
by urasimaru | 2011-11-27 22:47 | | Comments(2)

ミキモトのクリスマスツリー

e0043465_16205534.jpg

JC、豪華すぎてなにを応援したらいいのかわかんない。
[PR]
by urasimaru | 2011-11-26 16:21 | 写真 | Comments(0)

演舞場昼いった

おもしろかった。
銀座のイルミネーションの準備してた。
e0043465_16184949.jpg


傾城反魂香
安心して見られる感じ。松也は体格的に女形よりこういう役の方がいい感じかなー。女形好きなんだけど。

吉野山
初めて歌詞がかなり聞き取れる感じで観賞。そういう踊りだったのね。
知らないのにおじいさんそっくり、なんて思ったり。
すごくきれい。

魚屋宗五郎
新三と違って、世話物の演技を楽しんだ感じ。

More
[PR]
by urasimaru | 2011-11-24 22:05 | Comments(2)

ガガイモの花

e0043465_15213810.jpg

10月撮影
[PR]
by urasimaru | 2011-11-23 15:22 | 花 写真 | Comments(0)

新橋演舞場 吉例顔見世大歌舞伎夜の部いってきた

私の感想って我ながらひどいので書かない方がましって思うんだけど、記憶のために。ごめんちゃい。

外郎売
工藤ちっちゃいなって思った。実際小柄なんだけど。
追善の口上で松助さんの七回忌ということも触れてくれてありがとうな気分。
二代目松緑さんはみたことがない。あ、三代目も。梅幸さんはちょっとみて、最初のうちは顔のしわばっかり気になってたのが、やっとよさがわかった気になったらなくなってしまった。

京鹿子娘道成寺
踊りはわかんないけど、なんかすごかった。三階で残念って思った。
若手の、とかいう言い訳のない本物って感じ。
帯の引き抜きって初めて見た気がするんだけど、音羽屋さんはそうなのかな?
男寅、小吉がおおきくなってびっくりだわあ。もう背丈は大人だね。

髪結新三
今までなんかもやもやする演目だったんだけど、わかった気になった。なんか、みんなちょっとずつ瑕疵があっても、人生は続く、みたいなことを思った。
忠七さんは首かなあ。お熊はひどい目にあったけど、気持ちを入れ替えて生きていってほしい。商売上手のお婿さんだといいけどいいけどねえ。
新三が駆け出しの悪党で、源七親分が分別盛りで、っていう関係がようやく初めて得心が行った。
加賀屋藤兵衛のところで先代の又五郎さんを思い出したりして、橋のところも雨の匂いがする気分で、(一人転んでたけどあれはマジ転び?芝居は壊れてなかったんでよくわかんない。)なんか歌舞伎座にいる気分になった。
鰹の頭、甘辛く煮たら旨いだろうな。中落ちはスプーンですくって…なんて思ったよ。

More
[PR]
by urasimaru | 2011-11-22 13:29 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

平成中村座の櫓と絵看板

e0043465_11263336.jpg
e0043465_11262616.jpg
e0043465_1126185.jpg
e0043465_11261148.jpg

雨だと屋根が出るし、敷地に入らないと見えないので、気が付きにくいかも。
[PR]
by urasimaru | 2011-11-20 11:28 | 歌舞伎の雑談 | Comments(0)

郊外の電柱さん二点

e0043465_1361382.jpg
e0043465_1364342.jpg

[PR]
by urasimaru | 2011-11-19 13:07 | 電柱さん的写真 | Comments(0)

国立劇場行ってきた

曽根崎心中、一度下から見てみたかったのよねー。
すげえと思った。
坂田藤十郎がすごいのもあるけど、芝居の完成度も。
最後の場、何つーか、アイスダンスみたいだった。
生玉んとこの群衆も好きなのよねー。

振袖は時々ねちゃった。ごめん。

一月中村座の発売だって今日気が付く。あぶねえあぶねえ。
e0043465_235398.jpg

[PR]
by urasimaru | 2011-11-18 22:11 | 歌舞伎 みた | Comments(0)