ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2012年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

今、ふーんと思ったところを抜き書きしてみる

前読んだ、『動物が幸せを感じるとき』の馬(人を乗せるのが難しいなどの馴致の問題と、乗馬について書いてある)の部分から

馬は走って逃げる動物なので、逃げることを第一に考え、「恐怖」が主な情動。
走って逃げる動物はひとかたまりになる動物(牛など)より用心深いので簡単に驚きやすく、そのため心に傷を受けやすい。

馬は人間を喜ばせたい。

馬は目新しい物を怖がる。
細部に敏感で、同じものを別の角度から見て驚くことがある。

一度植えつけられた恐怖の記憶は完全に修正するのはとてもむずかしい。
恐怖の記憶の原因は虐待や、いきなり新しい物や新しい感覚にさらされることなど。
[PR]
by urasimaru | 2012-04-30 13:37 | | Comments(0)

リキュウバイ 

e0043465_1941550.jpg

利久梅
国立劇場の庭で撮影。
[PR]
by urasimaru | 2012-04-29 19:05 | 花 写真 | Comments(0)

お〇ふぇーぶるにがいせんも〇しょうをかたせるひさく

ね〇ぱ〇〇さんに一緒に行ってもらう。

e0043465_22233538.jpg


黄金旅程はつづく…
[PR]
by urasimaru | 2012-04-28 22:25 | いろいろ | Comments(0)

わからん!

パソコンの周辺のなんちゃらがわからん!
自分が、なにがわかってないのかもわかんないレベルだということがわかったです。

亀ちゃんのスタジオパークみました。w
[PR]
by urasimaru | 2012-04-27 21:22 | いろいろ | Comments(0)

四月花形歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」 夜の部

千穐楽の見立てはそうめんをごろごろでそうめんごろごろ→そめごろう
と、組み体操風にスカイツリーで、頭に掲げた掛け軸を開くと千穐楽ってかいてあるものでした。

注目の上方方式という五、六段目は、いつもみたいに「ほう、れん、そう」が足りないんだようとか思わないで済む成り行き。竹三郎さんがいてこそ。
逆に、普段見てるのは、勘平役者を引き立てるために発達したものなんだなあ、と思った。今度からそういうつもりで見よう。(いまさら。)
亀三郎、亀寿、そして亀治郎という三亀状態…これが見納めなのねえ。


その後の部分は、やっぱりおかると平右衛門のやりとりが面白い。最近福助さんいいねえ。
あとほかの部分は、相当間違ったたとえだと思うけど、「宇宙戦艦ヤマト2199」をみたらなんかこんな気分になるかも、っておもったり。ははは。

そういう間違ったたとえで言うと、「絵本合法衢」ってblood c ?(アニメみてないんだけど、ネットでちょっと評判をね)あ、むしろ法界坊が?

いろんな人、ごめんなさい。
[PR]
by urasimaru | 2012-04-25 23:27 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

雨後の筍

e0043465_2305264.jpg

[PR]
by urasimaru | 2012-04-24 23:01 | 写真 | Comments(2)

ヒバカリという蛇、ほんとにいます 「絵本合法衢」

歌舞伎観劇のスケジュールが我ながらひどい。ひーひー。苦しい。 苦笑笑

今日は国立劇場

以前蛇女の見世物小屋に行ったことがある(出し物的に絶滅寸前だし)。お目当ての大蛇(ニシキヘビ)は脱皮中の体調不良で見られず、残念だったんだ…、えー、そんなわけで(?)、時蔵さんのうんざりお松が毒蛇の血をとるシーンは、ちょっとおおって思った。
実際のヒバカリという蛇は無毒なんだけど、かつては毒蛇とされ「噛まれたら命がその日ばかり」と考えられていたので、ひばかりという名前になったそうです。どうやら神経質で臆病な蛇だそうな。多摩動物園で見たはず。

えーっと、そのうんざりお松(ああそういうかんじなんだなあってべたつきもあって、良かった♪)も仁左衛門演じる太平次に殺されちゃうんだけど、とにかく人がどんどん殺されるお芝居でした。
一応最後はラスボス(仁左衛門のもう一役)の大学之助が斃されるんだけど、それは一応それで終わりにしましたって感じで、冷静に考えると残虐非道なお芝居。
でもカッコイイ仁左衛門に拍手を送ってしまう私って…f^^;
歌舞伎って不思議でございます。
でも、なんか、ああ歌舞伎だなあって大きなお風呂で手足を伸ばすような気分で楽しんできました。

チャリティー公演の費用に収益が使われるということで、ブロマイド全部買ってしまった。ひえぇ。

あとは討ち入り!
[PR]
by urasimaru | 2012-04-23 20:40 | 歌舞伎 みた | Comments(2)

かわいそうな競馬ファン

先週はNHKで皐月賞を見て、まあ満足。
今週は府中行きたいけど風邪っぽいから、
普通は4時からのテレ玉の録画で見るんだけど、俳優祭の録画してるからネットとかしながらますます馬の写る時間が減っている競馬番組(もはや競馬中継といっていいのか?)をレースだけ見て、(パドックなんてほとんどうつさねえから)
夜は、全然詳しくないけど、やっぱりいいなって思う人も多いのでフィギュアスケートの番組を見ながら、一時間で済む内容を2時間に薄めてどーでもいいほかの番組の宣伝とか見せられてうんざり。滑ってるとき無駄話しないでほしいよなー。

なんか、地上波テレビという衰退する産業の中、コンテンツ的にも人気を失ってるだろう(東京競馬場、すかすかだったなあ。寒いとはいえ。)競馬の番組をやってる、競馬実況がやりたいからテレビ局に入ったとかいう人がかわいそうになった。(土曜競馬も芸人が出てきたorz)

まあグリーンチャンネルに金出さない私が悪いんですよはいはい。
馬券も買わないから役に立ってませんよ。ええ。

来週は競馬場にいけるといいな。
[PR]
by urasimaru | 2012-04-23 10:43 | いろいろ | Comments(0)

ザ・中村座 法界坊

ばあさんのすね毛からスカイツリーまで見える席という贅沢な臨場感で、
笑いっぱなし。スタンディングオベーション初めてやった。
腕の付け根が痛くなるまで手をたたいた。
なんか、勘九郎の芝居とか全然観てなくて、後ろで踊ってる勘三郎とか笹野さんとかを見てた 笑

最後に花吹雪の中にいる勘三郎のぶっかえり最終形態をみたら、隅田川に関連する地霊みたいのがぎらっと出てきた感じがして、その一瞬のために小屋で興奮してそれまでの時間を過ごしてきたような本筋はもうどうでもいいやみたいな感じがした。いや、そっちがちゃんとやってるからこそどうでもよくなるって感じ。褒めてるの。

なんか、どうかなーと思いつつ天日坊とったんだけど、とってよかったかも、って思った今日。みてどう思うかな。
あたし、結局役者との距離がすべてなのか?って疑問も…。


聖天町法界坊中村 勘三郎
道具屋甚三郎中村 橋之助
永楽屋手代要助実は吉田松若中村 勘九郎
花園息女野分姫中村 七之助
仲居おかん中村 歌女之丞
山崎屋勘十郎笹野 高 史
番頭正八片岡 亀 蔵
永楽屋権左衛門坂東 彌十郎
永楽屋お組中村 扇 雀


歌舞伎座で見たときの感想 串田ワールド/法界坊
[PR]
by urasimaru | 2012-04-21 23:53 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

風がまだ冷たい

e0043465_1983890.jpg

e0043465_1984890.jpg

e0043465_1985996.jpg

e0043465_1991125.jpg

e0043465_1992115.jpg

[PR]
by urasimaru | 2012-04-20 19:12 | 猫写真 | Comments(0)