ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

「動物感覚―アニマル・マインドを読み解く」 テンプル・グランディン

『動物が幸せを感じるとき』と同じ著者の本。こちらの方が内容が多彩で面白かった。脳、動物、認識、人間、自閉症(アスペルガー、サヴァン)などに関するものすごく興味深いエピソード満載。

ダービーの競馬場に行ったとき、この異常な刺激だらけの環境に耐え、レースをする馬たちってすごいな、って思った。
サラブレッドなんて、特定の目的のために品種改良されて異常になりかかってる品種だと思うけど、ちゃんと走らないと使い物にならないという点でかろうじてバランスがとれてるのかも。
[PR]
by urasimaru | 2012-05-31 10:03 | | Comments(0)

ダービージョッキーの男泣き スライドショーにしてみました


[PR]
by urasimaru | 2012-05-29 18:55 | 動画 | Comments(0)

自分のためのメモ 海外競馬

ソーユーシンクがタタソールズゴールドカップを連勝。今年から鞍上ジョセフなんだー。
愛2000ギニーはパワー。ボーントゥシー君は5着。
愛1000ギニーはサミター(ロックオブジブラルタルの娘)

イスパーン賞はゴールデンライラック…あ、ガリレオっこじゃん。去年のフランス二冠だ。しらんかったー。
(シリュスデゼーグルは二着)、
サンタラリ賞はサガワラ

香港G1チャンピオンズ&チェイターCはLiberator(リベレイターてよむの?)

e0043465_88139.jpg

[PR]
by urasimaru | 2012-05-28 07:37 | | Comments(0)

やっぱり行って良かったのだ

e0043465_21332865.jpg

e0043465_21384679.jpg

e0043465_21385793.jpg

e0043465_2139535.jpg

e0043465_21391715.jpg

e0043465_2139264.jpg

日本ダービー
[PR]
by urasimaru | 2012-05-27 21:40 | | Comments(2)

ぶっちゃけ五月病、のガス抜きー。

今年は春先からの天候不順で、例年にまして冬から夏への順応が相当うまくいってない感じ。
毎年いまいちな時期ではあるんだけど。

しかし最近のこのブログのつまらなさそうな感じはどうだろう。
競馬はねー、正直最近の子なんてどれもおんなじで区別ついてないし、つまんないっちゃつまんない。
やめるのも何だな、って感じ?
最近は競馬に対する気分を盛り上げるために馬券買ってみたりすることさえあるよ。買うと馬の名前覚えるし。
e0043465_1127037.jpg


歌舞伎はね、内容はつまんなくないのよ。
芝居を見るのはいいんだけど、劇場に行くのがしんどくて、正直演舞場終わってやっとノルマこなしたーって感じ。
あと、感想をちゃんとかみしめるには日にちが混みすぎてるっていうか。(ま、別にブログに感想書かなきゃならない義務があるわけでもないんで、一応見た記録つけとくか、ってだけなんだけど)

先週、試演会の時に勘三郎さんが楽に来たら絶対後悔させませんって言ってた。で、帰ってからチケット見たら、竹のいいところがあったんだけど、出かける元気が出るかわかんなくて…今見たら満席だったよ。ま、今空いてたら行くかって考えたらしんどいなって気分なんだけど。そんな気持ちの人がスペースをとってはいかんよねえ。
家を、出てしまえばそんなでもないんだけどねえ。

今日はダービー見に行きます。
もう去年おととし行けなかった分見なくてはっ!ていう意地かねえ。ま、葦毛の二冠馬出るんなら現場にいたいよw

あー、でもBorn To Seaには愛ギニーがんばってほしい…あ、ちょっと血圧上がってきた。^^/そだそだ。
なんですかそれ?苦笑
[PR]
by urasimaru | 2012-05-27 11:39 | いろいろ | Comments(2)

新橋演舞場 五月花形歌舞伎 夜の部

おもしろかったけど、たるかったりいろいろ。
まあ、三島君は歌舞伎が好きなんだねーって感じでした。
出し物としては普通に面白かったよ。
虫干し、って感じかなー。練り上げて再演希望。
一番テンションが上がったのは薪車さんのところで(芸談が聞きたい。苦笑)、一番グッと来たのは阿公のところでした。
帰り、外人客の反応が気になった。汗
あと、初演の時は沖縄は返還されてなかったのねー。
e0043465_1284711.jpg



通し狂言 椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)
 曲亭馬琴の原作に、三島由紀夫が構想を得て書き下ろし、自ら演出した渾身の長編大作。忠誠を貫く英雄、源為朝の活躍を、歌舞伎のあらゆる技巧を凝らし壮大に描いています。「上の巻」では時代物の重厚さ、「中の巻」では歌舞伎ならではの嗜虐美と舞台一面大海原での大スペクタクル、「下の巻」では涙を誘う世話場とそれに続く大団円、と見どころも満載。染五郎の祖父松本白鸚が初演した、「三島歌舞伎」の最高峰とも言われる傑作をたっぷりとご堪能下さい。

「上の巻」
 崇徳上皇への忠誠を抱く源為朝は、保元の乱に敗れ、伊豆国大嶋に配流されますが、家臣の紀平治太夫や高間太郎、その妻磯萩らとともに島民をまとめ、再挙の時を窺っています。そこへ来襲した平家軍を見事撃退したものの、妻簓江を失い失意の為朝は、紀平治太夫と共に小舟で西へ向かうのでした。

「中の巻」
 讃岐で現れた上皇の霊のお告げに従い、九州肥後へ向かった為朝は、妻白縫姫と息子舜天丸と再会。一行は平家討伐のため船出しますが、大海原で暴風に見舞われ、高間夫婦ら大勢が悲壮な最期を遂げ、白縫姫は海神の怒りを鎮めるため、自ら身を投げるのでした。危機に瀕した為朝は、上皇の霊が遣わした烏天狗に助けられ、紀平治太夫と舜天丸は黒蝶に変じた白縫姫の助けで怪魚の背に乗り、それぞれ琉球に漂着します。

「下の巻」
 琉球国では巫女阿公らが、寧王女の正統な王位継承を妨げています。寧王女と忠臣陶松寿らの危難を救った為朝は琉球国再興を誓い、ついに阿公は滅ぼされます。平和を取り戻した琉球の島民は、新国王に為朝を推しますが、為朝はこれを固辞。その座を舜天丸に譲ります。そして、為朝は一同が引き留める中、故国日本を目指して天馬で天駆けて行くのでした。

More
[PR]
by urasimaru | 2012-05-26 12:08 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

演舞場五月花形歌舞伎 半分寝た、ごめんちゃい

頭が疲れていたので半分寝てしまった。ま、それも歌舞伎…

一、西郷と豚姫
起きてはいたけど頭が寝てる状態でみてたかなー。
中村座のサイズから演舞場3階からのサイズにリセットしてる感。
演技はよかったと思うけど、ストーリー的に「えっと…そこで終わるんだ…」って思ってしまった。

二、新歌舞伎十八番の内 紅葉狩(もみじがり)
更科姫の見せ場全部寝ちゃったよ。orz

三、女殺油地獄
前半半寝。
流石に殺しのところは起きてオペラグラスにかじりつき。
ブロマイド売ってるところに、当時の貨幣システムと与兵衛の借金に関する説明チラシがあったので、その辺はようやく分かった。
「新しい 女殺油地獄」。新しい歌舞伎座で再演するのを楽しみにしてます。
e0043465_11463915.jpg


More
[PR]
by urasimaru | 2012-05-24 11:46 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

五月平成中村座試演会行ってきました。



クーラーの吹き出し口が近くて寒かった。でも役者さんは大汗かいてるしねえ。

一、本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)
  十種香
               
七之助主演の時も思ったんだけど、歌舞伎のきれいなポーズっていうのは、役者さんがきれいに見えるようにいろいろ工夫して動いているからそうなるのねー。
あと、じっとしている役も手を上げていたりして結構大変そうだ。
結構後ろの方の席だったのだけど、義太夫がよく聞こえて、今月二度目のためかなるほどそう言ってるのかーとわかって勉強になった。


二、歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)
寒さが最高潮で、鞄に入っていた(整理してないから)カイロを貼ったりしてた。(・・;)
でも面白かった。
               
  たぬき会

三、供奴(ともやっこ)
ヒヤリングができないので皆様の浴衣の柄とかをオペラグラスでじっくり堪能しました。ところどころご愛嬌も。
梅之さんの三味線の布の部分がかわいい柄だった。

四、ご挨拶
今までの座談会より実のある内容だった。
中村座のサイズと雰囲気が世話物の上演にすごく向いてるとか。
あ、3年後に浅草でまたやるそうです。その前に大阪、ニューヨークでも!
時間が押して試演会の出演者全員の挨拶が聞けなかったのはちょっと残念。

複数回試演会で役をやった俳優さんは、確実にそれが血肉になってるなあって思って、やっぱりチャンスをもらうと伸びるんだな、いっぱいいろんな人にそういう機会があるといいな、って思った。


オークス→日食→試演会と、頭が整理できない。。。

More
[PR]
by urasimaru | 2012-05-22 15:16 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

金環日食

e0043465_7554870.jpg

程よく曇ったのでまんま。
メガネでも見ましたよ。

あと、穴あきお玉。
e0043465_7564895.jpg
e0043465_7564212.jpg
e0043465_7563547.jpg

[PR]
by urasimaru | 2012-05-21 07:57 | 写真 | Comments(2)

ふきの葉みそがおいしい

つくりかた
近所の野菜を売ってるところで「ご自由にお持ちください」って箱に入ってる蕗の葉をゲットして作ったらおいしかったー。
[PR]
by urasimaru | 2012-05-20 22:59 | Comments(0)