ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

がんばれフジオって題名でいいですかね?むしろガンコ?

上野動物園に行ったら、オオアリクイが二頭いてびっくり。そういえば、フジオくんてのが来たのね。
写真一枚もとらなかったよ、その日。

先週、
チェスター動物園でアジアゾウの子供が生まれたそう。私が行ってからゾウの出産はたぶん2頭目。
暗くてわかりづらいんだけど、出産シーン。群れの中で、お母さん以外のメスゾウが他のメンバーを遠ざけてるっぽいのが印象的。


ネットでチケットをとったせいでニュースメールが来るので、また行きたいなあと思うのでした。
オオアリクイの赤ちゃんとか、オオカワウソの子供とか見たい!
[PR]
by urasimaru | 2013-01-30 20:24 | チェスター動物園 | Comments(0)

冬牡丹

e0043465_13585819.jpg

寒牡丹と冬牡丹は違うんだそうで、
寒牡丹は春と秋に花をつける二季咲きの変種で、秋にできる蕾のみを残し10月下旬から1月に開花させるもの。
寒牡丹の花はその年の気象に大きく左右され、着花率は二割以下といわれています。

そこで、花の少ない冬にお正月の縁起花として抑制栽培の技術を駆使して開花させたものが冬牡丹。
寒牡丹はほとんど葉がないところが見分けポイントだそうです。
冬牡丹と言えども春夏に寒冷地で開花を抑制、秋に温度調整し冬に備えるという作業に丸二年を費やすんだそうです。(上野東照宮サイトなどより)
[PR]
by urasimaru | 2013-01-26 14:13 | 花 写真 | Comments(2)

新春浅草歌舞伎 第一部

3等があったのでぽちり。
ご挨拶は亀鶴さん。
普通に挨拶をしたあと、三点倒立をして足をY字に広げるというw羽織袴なのに!
客席に降りて、お客さんにインタビューしながら歌舞伎を楽しんでださい♪って内容でした。


寿曽我対面
若い役者さんががんばってるのがいとおしくてきゃわいい♪
海老さん(ちゃんって立場じゃないよね)の工藤、渋くまとめる感じ。あんまり突出してなくて真面目にやってる感じ。前より台詞が聞きやすくなったと思った。浅草公会堂だから、じゃないといいな。
五郎の松也くんは苦心してる感じながら、若さと仇へのまっすぐな気持ちが伝わってきて、いつもの儀礼的に見てるって気分じゃなくてがんばれ曽我兄弟って思った。
壱太郎の口跡が藤十郎そっくりで(習ったのかな?あ、でも鼻すするような感じは無い。)、年齢逆なのに十郎兄さんしてた。
新悟くんの舞鶴がはきはきした女武道って感じでかっこよい。
米吉は結構おちついてて、梅丸くん女形の声がちゃんとでてるw顔がちっちゃい!^^
この年齢でこれだけできるとは思ってなかったので、びっくりと同時にうれしかったですう。

極付 幡随長兵衛
劇中劇の「公平法問諍」、邪魔されるころにはすっかり夢中になってて、中断を残念に思ってしまった。
最近、武士と町人の身分の違いが今の私たちからは考えられないほどのものだと想像できるようになったのと、配役が若いので、男たちがカッカとしちゃうのもそんなに理不尽な感じはしなかった。愛之助さんの水野は自分の価値観だけが正しいと思ってる武士だから、仕方ない、そういう世の中だったのかな、っていうか。
子別れのところでは海老ちゃんの転がり出そうな目から親心を感じて、大人っぽくなったなあ、なんて思いました。
一人奮闘っぽい公演より、こういう輪のなかで歌舞伎を盛り上げる立場の方が好きだな。

やっぱり微炭酸なヌーボーみたいな浅草、見てよかったです。
でも勧進帳は寝ちゃいそうだし三等ないみたいだったからそのあと上野動物園に行きました。

More
[PR]
by urasimaru | 2013-01-25 20:52 | 歌舞伎 みた | Comments(4)

蝋梅

e0043465_1952568.jpg

[PR]
by urasimaru | 2013-01-24 19:06 | 花 写真 | Comments(2)

アルフィーと歌舞伎?

先日ぼーっとラジオを流しながらなんかしてたら、アルフィーの坂崎幸之助さんの番組になってて、
門之助さんの(?すいません、よくききとれなくて)お子さんが学校の知り合い?かなんかで、よく家で麻雀をしたとかなんとかって言ってたような。んん?

で、次回は
「73年夏、さるびあ丸で東京湾クルーズした”俳優祭”」
なんだそうです。
俳優祭?!
と思って自分用メモ。

こちらの番組です。
私はTHE ALFEEは2曲ぐらい知ってるかも…なので、あしからず。
[PR]
by urasimaru | 2013-01-22 19:52 | 歌舞伎の雑談 | Comments(3)

シゲルシリーズについてしらべてみた。

森中 蕃(もりなか しげる)は日本の実業家。
また中央競馬・地方競馬の馬主であり、小田切有一、細川益男らとともに珍馬名の名付け親として知られる。
一番好きなのは葦毛のシゲルスダチですが、
どこが珍名かというと、
毎年決まったテーマで馬名を付けているのです。

1995年産 - マジックボス・マジックメイなどの「マジック」シリーズ
1996年産 - (特になし)
1997年産 - ダイヤモンド・エメラルド・トルマリンなどの「宝石」シリーズ
1998年産 - ゼウス・ジュピターなどの「神」シリーズ、ペガサス・フェニックスなどの「架空の生き物」シリーズ
1999年産 - 赤ワイン・モンテリ・黒ビールなどの「酒」シリーズ
2000年産 - (特になし)
2001年産 - 突風・疾風などの「風」シリーズ、ソレイケ・ドントイケなどの「行け」シリーズ
2002年産 - (特になし)
2003年産 - 先物買い・兜町・大発会などの「株用語」シリーズ
2004年産 - サンクス・オブリガード・タックなどの「ありがとうを意味する言葉」シリーズ
2005年産 - ハスラット・フセルト・エスペレなどの「希望・願いを意味する言葉」シリーズ
2006年産 - 浅間山・霧ヶ峰・赤城山などの「山」シリーズ
2007年産 - 家康・謙信・元就などの「歴史上の人物」シリーズ
2008年産 - 社長・本部長・重役などの「役職」シリーズ
2009年産 - イチジク・ハッサク・マンゴスチンなどの「果実」シリーズ
2010年産 - さそり座・いて座・てんびん座などの「星座」シリーズ

2008年度産の馬の市場購入馬のお値段はこんなだったらしい。
チョウカン(長官)525万円
ヒラトリ(平取)378万円
コモン(顧問)262万円
キョクチョウ(局長)210万円
マドギワゾク(窓際族)315万円
カカリチョウ(係長)210万円
シュニン(主任)210万円
ペイペイ(平々)105万円
ヒラシャイン(平社員)52万円

ちなみに平社員は長官より稼いだ。両方とも牝馬で、引退済み。

今年の初夏ぐらいからデビューする馬たちは何シリーズになるのか、ここが英国ならブックメーカーで賭けられるんだけどな、とか思いつつ。
[PR]
by urasimaru | 2013-01-20 21:50 | | Comments(3)

着雪の影響

e0043465_13382031.jpg
e0043465_13381349.jpg

雪のあと、はじめて公園に行ったら、大きな枝が何本も折れた様子でした。
[PR]
by urasimaru | 2013-01-20 13:39 | いろいろ | Comments(2)

メジロに親切

e0043465_17123644.jpg

みかんの下に、足がかりの枝がついてる心遣いがすごいなあとおもいました。
[PR]
by urasimaru | 2013-01-19 17:14 | 動物いろいろ | Comments(2)

ヒマラヤタールのブラック君

e0043465_17124057.jpg

十二月初旬に撮影。オスがたてがみを逆立てるのは、繁殖期特有の行動だそうです(繁殖期でもずっと逆立ってるわけじゃない)。
数頭のお嫁さん候補と同居お見合い中となっていましたが、成果はいかに?
スギ花粉が飛ぶ前に多摩動物園に行っておきたいのですが、寒いからなあ…
[PR]
by urasimaru | 2013-01-18 17:20 | 多摩動物園 | Comments(0)

暗転でケータイが光るとは

劇場でケータイとかチェックしてる人がいると、後ろの席とか上の席から、すごおくよく見えるんだよねえ。
暗転の時はお芝居が続いているということなので、それを邪魔される感じっていうのはとても嫌な気持ち。
昨日は最初の時に一人いて、二回目やったら席番号チェックして劇場係の人に言おうかと思ったけど、そうせずに済んだのでよかったです。
苦情を言ったり注意をしたりすると、マイナス気分をずっと引きずってしまうんだよねえ。

というか、ひどいときには上演中に何度も画面光らせる人もいるなあ。本人は芝居がつまんないんだろう。
「学生のための歌舞伎教室」で隣でメールしてたときはやめてって言った。
あれは、学校で連れてこられる人は事前に注意されてるので、ばらばらに来てる人の方がマナー悪い。
一応各劇場、上演中は携帯電話が鳴らないように電源から切る(マナーモードの振動音も邪魔なので)ようにってお願いしてあるんだけどね。
アラーム時計の時はまだがっくし、って感じだけど、着信がなると劇場が凍るよねえ。

ずっと前、浅草歌舞伎で亀治郎(当時)さんがあいさつの時に、飴の包み紙とかビニール袋をがさがささせるのもダメって言ってたときは、わざわざ注意するとは神経質な人だな、と思ったけど、たしかにあれも迷惑。
まあ、最初の方は準備が間に合わなかったんだな、と思うけど、たまに休憩ごととか、ずっとの人がいるとあああ、って思う。

しゃべってる人は、ボリュームと内容による。役者さんの名前間違えてると訂正したくなったり。(苦笑)

前の歌舞伎座の三階のころは、ガサガサする人がいても、実況中継する人がいても、半笑いで今日ははずれ、って思ってたけど、自分が怒りっぽくなったのかな?

「マナー違反とは言い切れないけど不愉快な客」、と思われないようにしたいことでえす。びくびく。

ま、劇場中継にほぼ必ず遅刻して入ってくる人がうつってる歌舞伎って分野は、「ゆるい」方なんだろうなあ。

そういえば、演舞場の初日、一階に湯婆婆みたいな髪型のひとがいた…(休憩時間に歩いているのを目撃)
[PR]
by urasimaru | 2013-01-16 16:05 | 歌舞伎について考えた事 | Comments(2)