ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2013年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

マメガキという木

すごく小さな柿のような実のなった木を見つけたので、調べてみたら、マメガキという植物らしいです。
こんなかんじ。
e0043465_20184599.jpg

昔はタンニンを採るのに使われた植物だそうです。
実も熟柿みたいになったら食べられるとか。でも、未熟なものはものすごーく渋いそうです。
[PR]
by urasimaru | 2013-09-30 20:21 | いろいろ | Comments(2)

TCKの誘導馬は黄金色だった

e0043465_0181887.jpg

トゥインクルレースのカクテル光線に映える金色の毛並、ウエーブのかかった尻尾がきれいでした。
サラブレットではなく、パロミノという毛色の種類?だそうです。。
詳しくはこちら
[PR]
by urasimaru | 2013-09-30 00:21 | | Comments(0)

大井競馬場に相馬野馬追を見に行ってきました。

e0043465_23295650.jpg

黒地に白鷺の旗を掲げたガリレオシチー(引退してたんだ。一年ほどで?甲冑競馬ができるなんてすごいね!旗とか慣れるの大変じゃなかった?)が先頭ゴールしたようです。
詳しくはこちらなど。

なみえ焼きそばを初めて食べたりして、楽しく過ごしてきました。
ちょっとだけでも、応援になったらいいな。
[PR]
by urasimaru | 2013-09-29 23:35 | | Comments(0)

サーシャ、健在

e0043465_1958910.jpg

モウコノウマのサーシャは年1991年11月14日生まれなので、もうすぐ22歳ですが、相変わらずでした。夏に会えなかったので(自分のまわり方のせいですが)ずっと気になっていました。
[PR]
by urasimaru | 2013-09-28 20:03 | 多摩動物園 | Comments(0)

デビュー

アフリカ園の大放飼場では、今年生まれのグレビーシマウマのラスクとシロオリックスのモカが、最近大放飼場デビューしたらしく、それぞれのお母さんがしきりに鳴いて警戒してるみたいでした。
e0043465_035382.jpg

へその緒が残ってるシマウマのラスク
e0043465_033877.jpg

[PR]
by urasimaru | 2013-09-28 00:07 | 多摩動物園 | Comments(0)

水牛ハルナ

久しぶりに多摩動物園に行ってきました。
e0043465_2025188.jpg

アカギが亡くなってさみしいかな…長生きしてね。
[PR]
by urasimaru | 2013-09-27 20:26 | 多摩動物園 | Comments(0)

公文協 西コース@川口

7月に中央コースを見て、また連獅子がみたいと思ってとりました。約3か月お疲れ様でした。巡業千穐楽とのことで、まさに一丸となったかんじ。

沼津
米吉の茶屋娘がきゃわいい!「おくる」という役名なんですが、くるくるとよく働きます。
妊婦の京妙さんはじめ、旅の人々がお客さんを芝居の世界に引き込んでいました。キッチーも歌六さんもわりとくだけてわかりやすい演技。荷持安兵衛の吉之助さん♪
アットホームな感じの会場での座席周りはほんとに盛り上がりますね!二階前方だったので大体見えました。

こないだ文楽をみたので歌舞伎だとこうなんだ、とすごく面白い…とおもったんですが暗くなったらやっぱり寝てしまい、千本松原になっても、どうしてもどうしても意識が取り戻せませんでした。TーT ごめんなさいごめんなさい

口上
右から芝雀、米吉、隼人、錦之介、きっちー、新又五郎(といってももう2年もたってますが)、新歌昇、種之助、歌六 
きっちーのはじめの挨拶のあと、「錦ちゃん!」と言って各自の挨拶になりましたw
まとめのずずずいーぃも万感を込めた感じ。

連獅子
なんか、7月と振付かわったかも?と思いましたが、私のことなんでよくわかりません。
親子愛をより感じる雰囲気だと思いました。歌昇さんのジャンプに客席大喜び。力強さがましたと思いました。
宗論もしっかり自分のものになったって感じ。
あ、中央コースから西コースになって、蓮念が米吉から隼人に変わったんですね。ま、巡業の最初と終わりだし。
毛振りは最後だから親子の意地比べだ!って感じでたくさん、歌昇さんの方がフォームが安定していない分最後辛そうだったかも。
いつか種之助くんも入れて「三人連獅子」も見てみたいなあ………

More
[PR]
by urasimaru | 2013-09-25 21:21 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

むしろ「ぴんとこな」を歌舞伎化する。

テレビドラマ「ぴんとこな」って、全部はみていませんけど、えーっと、ストーリーの感じが歌舞伎の時代物っぽいと思いました。
なので、
たとえば「笛」とか「武芸」のなどを極める家系の話としてイメージし、それを歌舞伎にするとして、配役を考えてみました。わかる人にだけわかればいいさ。

河村恭之助 (御曹司な主人公 自分大好きだけどいい人。)          染五郎
千葉あやめ(シンデレラ的ヒロイン芯が強くもてもて)                七之助
澤山一弥 (ヒロインの幼馴染、門閥外実力者上昇志向ゆえ迷う)       勘九郎
澤山優奈 (ヒロインの恋敵。)                              猿之助
河村世左衛門 (主人公のきびしい父)                         幸四郎
澤山咲五郎 (主人公のライバルの師匠。娘可愛さので振り回される)     吉右衛門

三田シズ(主人公の母代り的存在。なにもかもお見通しな感じ)         秀太郎
[PR]
by urasimaru | 2013-09-23 00:36 | 歌舞伎の雑談 | Comments(0)

九月花形歌舞伎 夜の部

ふつうのおしばいみたいな感じだったけど、
みなさんのキャラが個性にあっていて、ぜひ手直ししてまたやってほしいなって感じだった。

昼夜両方見て、型のつよみというものを感じた。これ、両方挑戦って、大変だよね…でも、それが肥やしになってるのも感じる。

私の趣味的には、
大道具をもそっとシンプルに。
新悟くんの尻尾をやめる。
海老ちゃんが体質変わっちゃう事件の話は、生で見せるんじゃなくて七之助のくどきで。
らぶりんのほんとの正体がよくわかんなかったんで、ちゃんとわかるように。
(声聞いて黒崎思ってしまうのは私がわるいです)
化け物は黒じゃなくてなんか別の色に。
亀蔵さんの立ち位置もそっとハッキリ。
義太夫とかいれたりて…、きっとたのしいよ。
一か月他の仕事しないで新作つくったりできるといいね。

NHKの録画が入ってたんで、そのうちテレビで見られそう。きっと染五郎の奈落からの番組も同時期に再放送するとみた。
新築したのでテレビ中継車を道路におかなくてすむようになったらしい。

More
[PR]
by urasimaru | 2013-09-20 23:47 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

めったに使わない三脚(ぐにゃぐにゃの)を使って月を撮ったよー


[PR]
by urasimaru | 2013-09-19 20:55 | 写真 | Comments(0)