ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

モウコノウマ祭り5

e0043465_1323352.jpg

昨日の逆側の毛づくろいシーンです。こっち側は誰なんだろう…
良いお年を。
[PR]
by urasimaru | 2013-12-31 13:03 | 多摩動物園 | Comments(0)

モウコノウマ祭り4

e0043465_13353928.jpg

お互いに毛づくろいをしている手前側の子はパーニャ。わかる子はここまでです;;
[PR]
by urasimaru | 2013-12-30 13:37 | 多摩動物園 | Comments(0)

モウコノウマ祭り3

e0043465_21385438.jpg

女子チームは、左奥のエーコ以外区別がいまいちつかないのです…
[PR]
by urasimaru | 2013-12-29 00:38 | 多摩動物園 | Comments(0)

モウコノウマ祭り2

e0043465_10363147.jpg

クヴァジー。
[PR]
by urasimaru | 2013-12-28 00:34 | 多摩動物園 | Comments(0)

モウコノウマ祭りはじめまーす

午年記念?無駄にモウコノウマの写真を上げていくよ。
e0043465_2358224.jpg

サーシャ。
[PR]
by urasimaru | 2013-12-27 00:50 | 多摩動物園 | Comments(0)

久々に動物園♪

e0043465_23283658.jpg

もふもふしたモルモットさんたち
[PR]
by urasimaru | 2013-12-26 23:31 | 多摩動物園 | Comments(0)

ゆきだるま逆方向から

e0043465_20502371.jpg

両目が釦で、マフラーが毛糸でしたよ。^^
[PR]
by urasimaru | 2013-12-25 20:51 | 写真 | Comments(2)

ゆきだるま

e0043465_1725631.jpg

[PR]
by urasimaru | 2013-12-24 17:25 | 写真 | Comments(6)

十二月歌舞伎座 夜の部

お友達を誘って一階でみました。やっぱり近いといいですね…
印象的だったのは、斧定九郎と小林平八郎、死んで舞台が回っておわる二役だった獅童さん。お母さんを亡くしたばかりの彼に、長く暖かな拍手がおくられていました…暖かかったです。

染五郎の勘平は、いい席だったのも多分にあるかと思うんだけど、いかにもそんな羽目になってしまいそうな甘い雰囲気がして、今までで一番突っ込みをいれたくならずに素直に見られた気が。
おかやの上村吉弥さんが(老け役もったいないようですが)いい芝居してたのもあると思います。(先月寝ちゃったんだよね、東蔵さんごめん)
亀蔵さんと萬次郎が、別世界の人間の匂いを表してさすが。
七之助もしっとりして、よかったです。


通し狂言 仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
 五段目 山崎街道鉄砲渡しの場
     同   二つ玉の場
 六段目 与市兵衛内勘平腹切の場
  

早野勘平染五郎
斧定九郎獅 童
女房おかる七之助
母おかや吉 弥
判人源六亀 蔵
千崎弥五郎高麗蔵
一文字屋お才萬次郎
不破数右衛門彌十郎

 七段目 祇園一力茶屋の場
  
大星由良之助幸四郎
寺岡平右衛門海老蔵
竹森喜多八松 也
富森助右衛門廣太郎
大星力弥児太郎
斧九太夫錦 吾
赤垣源蔵亀三郎
遊女おかる玉三郎
十一段目 高家表門討入りの場
     同 奥庭泉水の場
     同 炭部屋本懐の場
  
大星由良之助幸四郎
原郷右衛門友右衛門
奥田定右衛門宗之助
矢間重太郎竹 松
富森助右衛門廣太郎
竹森喜多八松 也
小林平八郎獅 童
七段目。海老ちゃんの妹とあって、玉様大サービス!甘いwww可愛い♪美しい!仁左様相手とかの安心したかんじより大変なんだろうと思うけど、見てて幸せでした。
道行のカップルよりしどころがあるからか、海老ちゃんもいいせんいってたとおもいます。もっとも、あの声でしばらく~って聞こえると、全員首打っちゃいそうだけど。

楽しく観劇しました。
[PR]
by urasimaru | 2013-12-22 18:53 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

十二月歌舞伎座昼の部

通し狂言 仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)

うん、若いけど、ここまでできるんだな、って感じ。
でもごちそうは玉三郎でした~海老ちゃんにはちょっと荷が重げな感じもせんでもなかったけど、きれいだからいい。なんか、夢の世界の様だった。
海老といえばまさかの師直(三津五郎の代役)は、海老色だけどそれはそれでアリ的な感じ?顔世をじっとみつめるところなんかきゅんとしてしまったw
大序では菊ちゃんが輝いてた。染ちゃんはいい感じでキレてたしみのっちはおとなしく。七之助は色っぽい。
進物は先月よりずっと軽い感じ。刃傷は頑張ってるな、ってかんじ。
切腹は菊ちゃんの美しさを鑑賞。城明け渡しはまた寝ちゃった。TT

 大 序 鶴ヶ岡社頭兜改めの場
 三段目 足利館門前進物の場
     同  松の間刃傷の場
  
塩冶判官菊之助
桃井若狭之助染五郎
足利直義巳之助
顔世御前七之助
高師直海老蔵 ※
 四段目 扇ヶ谷塩冶判官切腹の場
     同  表門城明渡しの場
  
大星由良之助幸四郎
塩冶判官菊之助
顔世御前七之助
赤垣源蔵亀三郎
竹森喜多八松 也
矢間重太郎竹 松
富森助右衛門廣太郎
奥田定右衛門宗之助
大星力弥尾上右近
斧九太夫錦 吾
薬師寺次郎左衛門亀 蔵
原郷右衛門友右衛門
石堂右馬之丞染五郎

 浄瑠璃 道行旅路の花聟
  
腰元おかる玉三郎
鷺坂伴内権十郎
早野勘平海老蔵
[PR]
by urasimaru | 2013-12-19 19:03 | 歌舞伎 みた | Comments(0)