ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

二月花形歌舞伎 夜の部

複雑の様で複雑でないような話。
筋書きを読むと名前がこんがらがってあれれ?ってなったけど、みるとわかる的な。

主役クラスの男女が二組あるので、焦点がぼやけるのと、染五郎の二役が、わりとタイプが似てるんで違いを打ち出しにくいあたりが長らく上演されなかった理由かな?あと、役のランク付けがわかりにくいので、こういう花形競演的な感じじゃないと役を振り分けにくいとか 苦笑

個人的には宗之助、玉太郎、松之助(大奮闘!)の出番が多くてうれしかったw
今月は松緑さんよかったなあ。すごく色気が出てきた。^^

通し狂言 心謎解色糸(こころのなぞとけたいろいと)
  小糸左七
  お房綱五郎

   序 幕  深川八幡の場
        二軒茶屋松本の場
        雪の笹藪の場
   二幕目  本町糸屋横手の場
        同   奥座敷の場
        元の糸屋横手の場
   三幕目  大通寺墓所の場
   四幕目  深川相川町安野屋の場
        同 洲崎弁天橋袂の場
   大 詰  小石川本庄綱五郎浪宅の場
        同  伝通院門前の場
  
お祭左七/半時九郎兵衛染五郎
本庄綱五郎松 緑
芸者小糸菊之助
糸屋の娘お房/九郎兵衛女房お時七之助
神原屋左五郎松 江
山住五平太松 也
赤城左京之助歌 昇
廻し男儀助萬太郎
芸者小せん米 吉
芸者お琴廣 松
丁稚與茂吉玉太郎
番頭佐五兵衛松之助
中老竹浦宗之助
石塚彌三兵衛錦 吾
鳶頭風神喜左衛門男女蔵
松本女房お蔦高麗蔵
安野屋十兵衛歌 六
女房おらい秀太郎
[PR]
by urasimaru | 2014-02-26 10:56 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

掛け持ち?

今日は東京マラソンなので仔獅子さんいるかな?と確認。
いらっしゃったので、ああこれで歌舞伎座が新開場して円環が閉じた…ような気に勝手になりました。

で、フェブラリーステークスを見に東京競馬場に。というか、フェブラリーステークスの誘導をサクセスブロッケンがやるところをみたかったんですね。と思いつつ番組を見たら、お昼頃のデビュー戦が面白そうだったので、それを目指すってことで、銀座に午前中に行って、歌舞伎座だけちょろっと見て競馬場に…ということで、マラソンしている人は浅草の方に走っていくのをちょろっとみただけでした。
競馬場は雪がたくさん残っていて寒かったけど、新馬勝ちしたのがウンプテンプで、メイショウサムソン産駒でウォーエンブレムの孫という面白い血統な上に、この名前は池波正太郎であったよなー。的な。

ま、休みを満喫しました。
[PR]
by urasimaru | 2014-02-23 21:35 | いろいろ | Comments(4)

通し狂言 青砥稿花紅彩画

白浪五人男

   序 幕  初瀬寺花見の場
        神輿ヶ嶽の場
        稲瀬川谷間の場
   二幕目  雪の下浜松屋の場
        同  蔵前の場
        稲瀬川勢揃の場
   大 詰  極楽寺屋根立腹の場
        同  山門の場
        滑川土橋の場
  
弁天小僧菊之助/青砥左衛門藤綱菊之助
南郷力丸松 緑
赤星十三郎七之助
忠信利平亀三郎
鳶頭清次亀 寿
千寿姫梅 枝
青砥家臣伊皿子七郎歌 昇
青砥家臣木下川八郎萬太郎
浜松屋倅宗之助尾上右近
手下岩渕の三次実は川越三郎廣太郎
手下関戸の吾助実は大須賀五郎種之助
丁稚長松藤間大河
薩島典蔵権十郎
局柵右之助
浜松屋幸兵衛團 蔵
日本駄右衛門染五郎

歌舞伎座にいるとほんとに楽しくて、外出たときにシンシンともに寒くてまいりました。
[PR]
by urasimaru | 2014-02-22 22:14 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

『母をたずねて膝栗毛』から歌舞伎座へ

演舞場で『母をたずねて膝栗毛』の夜の部。
一幕目が終わった段階では、微妙…というか、演舞場の三階で見てもなあ、って感じだったんだけど、二幕目で萬次郎さんが出てきたら入り込めて、堪能。
笑ってカーテンコールでも拍手して、みのっちを初めてカッコイイと思って外へ。
とりあえず歌舞伎座に行ったら、『青砥稿花紅彩画』 大詰の前の休憩時間。まだ新開場してから幕見席でみたことがないので、これ幸い。
20分で、主に立ち廻りで、高い場所に上がると顔が切れるけど、500円。ワンコインで菊ちゃん♪あと、染ちゃん。(こっちは二階で足だけって時間が多かった。)
初めての幕見席でルーチン化した観劇でちょっと鈍ってしまったピリピリするわくわく感を感じて、楽しく帰ってきました。
[PR]
by urasimaru | 2014-02-19 21:53 | お芝居の感想 | Comments(0)

今月の『私の履歴書』は市川猿翁さん

日経の『私の履歴書』、今月は猿翁さんですよ。
あと、同じ文化欄で日曜版連載が先週までの哲学から、福岡伸一ハカセの芸術と科学のあいだ、というのになった。
[PR]
by urasimaru | 2014-02-16 20:08 | 歌舞伎の雑談 | Comments(0)

なんともないので薬塗ってません

低温やけどから10日ぐらい経ってもなんともないので、ここ数日薬もつけずに普通にしています。
たぶん大丈夫かな?
おおさわぎする患者だって思われたかも汗
ま、わかんないみたいなので、いいか。
[PR]
by urasimaru | 2014-02-14 23:38 | 低温やけど | Comments(4)

雪の後

e0043465_1959266.jpg

また今週末降るんでしょうかねえ。あまりたくさんはかんべん…
[PR]
by urasimaru | 2014-02-12 20:00 | 写真 | Comments(0)

一週間経過しました

低温やけどしてから一週間経ちました。毎日アズノールを塗ってガーゼ貼ってます。
痛くもかゆくも色が変にもなっていません。
あと一週間がんばります^^

今日は雪で家に閉じこもってました。
[PR]
by urasimaru | 2014-02-09 23:46 | 低温やけど | Comments(0)

皮膚科に行ってきました

皮膚科に行ったらアズノール軟膏というのを処方されて、とりあえず塗ってガーゼを貼って様子をみてくださいとのことでした。
低温やけどは1,2週間してから症状が出てくるので、出てきたら薬を変えて対応、皮膚科で対応できなくなったら外科へということになるそうです。
アズノールを塗りつづけて二週間ぐらいしてもそのままだったらセーフだったということらしいです。
お医者さんもサウナで倒れた人が打撲だと思ってたところも全部低温やけどだったみたいな経験があって、大変なんですよねーって言ってました。
とりあえず、今のところ普通に生活していいそうなので、牛乳を飲んでなるべく歩くとかしようとおもいました。
[PR]
by urasimaru | 2014-02-03 21:40 | 低温やけど | Comments(7)

低温やけどをしましたorz

今日おきたとき、土踏まずががちがちに凝ってるなあと思って揉んでたら、赤くなってる…ちょっと水泡みたいのもある。
湯たんぽをがしっと足で抱え込んで寝てたらしく、反対側もちょっと赤くなってるので、低温やけどと思われる。
検索すると悲惨なことが書いてあるので、明日皮膚科に行ってきます。
とりあえず薄く亜鉛華軟膏ぬってサランラップで巻いてみた。
[PR]
by urasimaru | 2014-02-02 12:44 | 低温やけど | Comments(2)