ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

<   2014年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2014公文協巡業東コース昼の部初日(江戸川区) 

平成26年度
(公社)全国公立文化施設協会主催
東コース
松竹大歌舞伎
中村歌昇改め 三代目 中村又五郎襲名披露
中村種太郎改め 四代目 中村歌昇襲名披露
双蝶々曲輪日記
一、角力場(すもうば)
  
濡髪長五郎     中村 吉右衛門
山崎屋与五郎     中村 種之助
藤屋吾妻     中村 米 吉
放駒長吉種太郎改め中村 歌 昇
歌昇くんの若さがよい!吉右衛門が大きい!米吉、出番がすこしだけどきっちり。種之助、難しいつっころばし、やや幼いけど、それらしく。

二、口上
左から歌六、種之助、歌昇、又五郎、吉右衛門、錦之介、隼人、米吉、芝雀
米吉と芝雀が女形の扮装。米吉は普通は立役姿での口上が家のきまりだそうですが、キッチーのリクエストで女形スタイルだそうです。
一門らしく、さらっと。10分間でした。

三、傾城反魂香(けいせいはんごんこう)
土佐将監閑居の場
  
浮世又平後に土佐又平光起 歌昇改め中村 又五郎
又平女房おとく     中村 芝 雀
土佐修理之助     中村 隼 人
狩野雅楽之助     中村 錦之助
土佐将監光信     中村 歌 六
雅楽之助の登場から「手も二本…」のあたりまで寝落ちしてしまいました。。
だからなんも言えませんが、しっかりした舞台だったとおもいます…
将監北の方は京紫さん。

全体に初日感もなく、きっちり仕上がってて逆に驚きました。まあ、おなじみの演目ではあるけど、息が合ってるというか。これからさらにどう練れていくんでしょうか。夏の気候に負けずに頑張ってください!

ぼけーっとしてて、カメラ持たずに出かけてしまって、とっても残念。だって、近くに小松菜発祥の地とかあって、なんか楽しい場所だったのです。
[PR]
by urasimaru | 2014-06-30 21:38 | 歌舞伎 みた | Comments(4)

2014公文協巡業中央コース昼の部 川口 昼の部

「太閤三番叟」
市川右近さん休演で千歳にあたる淀の方が笑野さん、三番叟にあたる秀吉が笑三郎さん。
翁にあたる北政所は予定通り笑也さん。
笑野さん、きれいで素敵。踊りも安定。名前覚えよう!
笑也さんは重みがあって気品を感じた。淀君と北政所が一緒に踊るってスゴイ設定。
秀吉の三番叟はすごい動きがダイナミックで、普段女形の笑三郎さんの足袋がみえるとかがおおって感じ。
体力的にも大変そう。右近さん、首の故障だそうだけど、首、つかうよ!つらかっただろうなあ。
七月の歌舞伎座初日までに治るのか心配だけど、代われる人がいるというところにチームワークと層の厚さを感じて、感動した。ちょっと扇が落ちちゃったのをからみの人が投げて次につなげてた。最後の見得の笑三郎さんの顔が猿翁さんに似てみえてドキッとした。さすがである。

「口上」は下手から中央から右にむかって秀太郎さん、竹三郎さん、猿弥さん、寿猿さん、門之助さん
下手にいって笑三郎さん、弘太郎さん、月乃助さん (当地初お目見えってことでだんじろうあらためってかいてあった)、笑也さん、中車さん、猿之助さん。
巡業ならではの内輪な感じと、襲名ならではの感じと混じってて面白かった。竹三郎さんが来月出られないとこぼしたり、猿之助さんが亀翁を襲名するまで生きててくださいと応じたり。楽しみにしていた寿猿さんは51年前の口上もでてるとのことですごいと思った。(だれが何にだったか…)寿猿さんのブログもすごく貴重な話がでてきますよね。
中車の発声がだいぶ舞台になじんだなあと久々の私はおもった。

「一本刀土俵入」
猿之助さん、芝翫さんに全部の役についてみっちりおそわったという。お蔦、なんか芝翫さんの世話物の、あの可愛いらしい感じがうっすらみえるような気がした。
中車、前半の空腹で茫洋とした感じの空気感がちょっと見ものだった。
食べて元気がでてはきはきしゃべるところは(どっちかっていうと先代)猿之助っぽい。おお!
渡世人になってからはちょっと存在感が薄くて、まだまだ難しい感じだったけど、成長力がすごいなあ、さすがだなあと思った。
なんか、猿之助と同レベルで頭が回る役者さんって、めったにいないだろうし、声とかも似てて、二人の化学反応みたいのは、他の人が相手ではありえない感じの「何か」を醸し出しつつある感じ。こういうひとがそばにいてくれることが、カメちゃんにとって、今後どんなにプラスになるだろうと思って楽しみに思った。

月之助さんの片肌脱ぎがごちそう♪とかおもっちゃったよ

三階でオペラグラス多用して疲れたのでこんなもんで。
[PR]
by urasimaru | 2014-06-27 22:30 | 歌舞伎 みた | Comments(2)

虫の写真が大丈夫なひとへのお誘い

ナミアゲハの羽化、こんどは最初から観察できました^^
3分ぐらいの動画にしたので興味があったらリンク先に貼ってある動画をみてくださいな。
[PR]
by urasimaru | 2014-06-27 00:26 | 虫などの写真 | Comments(0)

六月大歌舞伎 昼の部

一、お国山三 春霞歌舞伎草紙(はるがすみかぶきぞうし)
  
出雲阿国   時 蔵
若衆   亀 寿
若衆   歌 昇
若衆   萬太郎
若衆   種之助
若衆   隼 人
女歌舞伎   尾上右近
女歌舞伎   米 吉
女歌舞伎   廣 松
名古屋山三   菊之助

遅刻したのでオペラグラスなしでみた。でも綺麗だった。

源平布引滝
二、実盛物語(さねもりものがたり)
  
斎藤実盛   菊五郎
小万   菊之助
葵御前   梅 枝
矢走仁惣太   橘太郎
小よし   右之助
九郎助   家 橘
瀬尾十郎   左團次

がっつり寝てしまった。TT

元禄忠臣蔵
三、大石最後の一日(おおいしさいごのいちにち)
  
大石内蔵助   幸四郎
磯貝十郎左衛門   錦之助
おみの   孝太郎
細川内記   隼 人
赤埴源蔵   橘太郎
原田玄沢   松之助
吉田忠左衛門   錦 吾
堀部弥兵衛   桂 三
早水藤左衛門   由次郎
堀内伝右衛門   彌十郎
久永内記   友右衛門
荒木十左衛門   我 當
 
前の幕寝たし、幕間にビタミン強壮剤を飲んだので真面目に見た。
完成度が高いなあと思った。りりしいおみの、孝太郎さんが特によかった。


四、お祭り(おまつり)
  
鳶頭松吉   仁左衛門
若い者   千之助

開幕前からビタミン剤(キメテルせいもあり)テンションアップ!
にまにまして上着を脱ぐ!
幕があいたらうるうるしてしまった。
仁左様、すてきな笑顔で、痛そうだった手も自由に使って、たっぷり見せてくれました♪
ああ、スターがそこにいてくれることのなんというありがたさ…
千之助君、大きくなったなあ。^^
後半はオーパが息を合わせてくれてるところも微笑ましかった。
獅子舞のところでこれを思い出した。
[PR]
by urasimaru | 2014-06-25 19:04 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

今までで一番よかった名月八幡祭 六月大歌舞伎 夜の部

倭仮名在原系図
一、蘭平物狂(らんぺいものぐるい)
三代目尾上左近 初舞台
  劇中にて口上相勤め申し候
  
奴蘭平実は伴義雄   松 緑
女房おりく実は音人妻明石   時 蔵
水無瀬御前   菊之助
一子繁蔵初舞台左 近
壬生与茂作実は大江音人   團 蔵
在原行平   菊五郎

前半寝落ち。でも、物狂いの踊りまではみた。
立ち廻りで起きて大興奮。前よりグレードアップしてると思いました!
左近くん、しっかりしてる!
先が楽しみです。


二、新歌舞伎十八番の内 素襖落(すおうおとし)
  
太郎冠者   幸四郎
太刀持鈍太郎   彌十郎
次郎冠者   亀 寿
三郎吾   錦 吾
姫御寮   高麗蔵
大名某   左團次

ほぼ寝ました。。。

三、名月八幡祭(めいげつはちまんまつり)
  
縮屋新助   吉右衛門
芸者美代吉   芝 雀
船頭三次   錦之助
魚惣女房お竹  歌女之丞
藤岡慶十郎   又五郎
魚惣   歌 六

ばっちり起きて観ました。 
今まで何回か見たけど、一番腑に落ちたって感じ。
美代吉の育ちと商売柄の調子の良さとテキトーなところ、三次との腐れ縁な感じ、江戸っ子と田舎の人の考えの違いがリアルに納得できた。
構図的に籠釣瓶を思いながら見たんだけど、(芝雀と吉右衛門で観たい!雀右衛門襲名しちゃいなよ!)
籠釣瓶と違うのは花魁と違って芸者だから恋愛が義理じゃないので、現代人でもありそうな話。
あと、新助は田舎者って意外にはコンプレックスはなくて、相当しっかり者。それなのに惚れてしまって…でも、最後まで不安があって、騙すんじゃないですよね?って念を押しての結末が悲しい。悲しくも怖い。

ただ、永代橋が落ちた(りびんぐでっどを思い出した)っていうのがあまり効いてなかったのがちょっと残念かな。
月が出てくるところを待ってから拍手したかった。
まあ後味はわるいけど水使うからキリにせざるを得ないよね。^^;
e0043465_1321651.jpg

[PR]
by urasimaru | 2014-06-24 13:21 | 歌舞伎 みた | Comments(0)

平成26年6月社会人のための歌舞伎鑑賞教室「ぢいさんばあさん」

母を歌舞伎に連れて行くシリーズで、歌舞伎鑑賞教室に行ってきました。
高校生のための、だと、3階の一番後ろしかとれないので、初めて社会人のための歌舞伎鑑賞教室。
一等席3900円也。
やっぱり良い席は良く見えて楽しかった。。。

はやめについたので、一人の時はほとんど行かない(ギリギリに到着するから)伝統芸能情報館・情報展示室で予習。
映像コーナーの女形の巻で若いころの玉三郎が!吉田屋の伊左衛門が先代の勘三郎だし!
当時勘九郎の十八代勘三郎のお光と素顔で野崎村の稽古してるし!
養成所の若手に厳しく指導する二世又五郎さんが!
って一人で興奮。

鑑賞教室はSwingingFujisanさんが詳しく書かれている高校生のと大体同じ流れなので内容については
こちらをお読みください。

解説の虎之助ちゃんが可愛かった♪
あと、橋吾さんとか芝のぶちゃん、芝喜松さん(マジ岩藤を見てみたくなった)などの実演が贅沢!「女形のつくりかた」で芝のぶちゃんの仁王立ちって普段もしなさそうだからおおお!って思ってしまった♪

ぢいさんばあさんは、あっさりめ。
玉三郎のるんが記憶にすごく残ってるので、つい比べちゃうんだけど、扇雀さんはしっかりものの奥さんで、歳の離れた弟(虎之助だもんね。)にぶつぶついってる感じにいい意味で生活感が感じられた。
伊織の橋之助さんはほんとにいい人って感じ。なんで下嶋を切ってしまったのか、って感じで刀を投げ捨て、呻き嘆く感じが記憶に残った。
下嶋の亀三郎さんはさみしい人って感じ。前みた橋之助さんの下嶋はいかにも粘着質のしつこい人って感じだったけど、亀三郎さんのは傷をかかえている人って感じ。

若夫婦はがんばってねーって感じ。

鑑賞教室に新歌舞伎っていうのはちょっと新しい感じ?(その分見方が凝ってる?)
ミドリものとちがって筋がみた部分で完結するので、すっきりすると思う。
母は泣くかと思ったけど、笑った、たのしかったとのことでした。
[PR]
by urasimaru | 2014-06-21 18:54 | 歌舞伎 みた | Comments(2)

水色

e0043465_23425514.jpg

[PR]
by urasimaru | 2014-06-17 23:42 | 花 写真 | Comments(0)

レース後の競馬場で見かけた謎の人物

e0043465_2157446.jpg

[PR]
by urasimaru | 2014-06-12 21:58 | 写真 | Comments(2)

2014安田記念の誘導馬

e0043465_22434531.jpg

安田記念の誘導馬 左から オメガオンリーワン、バロンビスティー、マチカネリュウセイ、ユーワビスケット、ストラディヴァリオ、
e0043465_2244244.jpg

パドック誘導はストラディヴァリオでした。
メイン前のレースのパドック誘導はマチカネリュウセイでした。
e0043465_2247573.jpg
e0043465_22481230.jpg

レインコート、赤い服と3種類楽しめちゃったw

ジャスタウェイ
e0043465_22544224.jpg

[PR]
by urasimaru | 2014-06-08 22:54 | | Comments(0)

演劇界のカレンダー

駆け込み需要の家電をセットしに来てくれた業者の人に見られた?と気になった血まみれ勘九郎、
あほのまま止まっているのは苦しかろうと思ってしまう染五郎に続き、
今月は菊五郎の弁天小僧 浜松屋見世先の場。
どうしてもこう見える。
e0043465_23462413.jpg


太物 (ふともの);和服用の織物の呼称の一つ。
[PR]
by urasimaru | 2014-06-04 23:53 | 歌舞伎の雑談 | Comments(0)