ブログトップ

たまてぼっくす

tamabebox.exblog.jp

タグ:シマウマ ( 16 ) タグの人気記事

シマウマの赤ちゃん、水も滴るいい男状態

道路際の小放飼場で見下ろしなので細さが目立ちますね。
e0043465_17085988.jpg
e0043465_17092214.jpg
誕生日  2015年7月13日(月)
 名前   ランディ
 性別   オス
 両親   母親:ライチ  1999年3月26日 多摩動物公園生まれ
      父親:アンディ 2001年6月13日 富山市ファミリーパーク生まれ



[PR]
by urasimaru | 2015-08-11 17:12 | 多摩動物園 | Comments(0)

ラスク君

e0043465_11583633.jpg
e0043465_1158185.jpg

グレービーシマウマの赤ちゃんです。5月30日生まれのオス。
耳が大きいのでとってもかわいいですね。
これを撮ったときはアンディが外にでていたので、がんばれ!と思ったのでした。
[PR]
by urasimaru | 2013-07-04 12:01 | 多摩動物園 | Comments(0)

余裕?

e0043465_20522610.jpg

アンディーはじっとしていました。
でも、ノバータってアンディーが来る前でもうろうろしてたような気がするから、性格かな?
[PR]
by urasimaru | 2013-02-09 20:55 | 多摩動物園 | Comments(0)

さよならノバータ

グレビーシマウマの雄「ノバータ」が昨年十二月三十一日に死亡していたんだと今日知った。
多摩に最後に行ったのは去年の12月上旬で、その時もノバータを見たと思うんだけど、写真が残ってない。いまいちで捨ててしまったのかも。
その前は11月に行ってて、その時の写真がこれ。
e0043465_16341077.jpg

ちょっとやせてきたなあと思ったけど、歯が悪くて体重が減っていたそう。
二十二歳五カ月。オスのライムを含む三頭の子供を残してくれました。
お疲れ様でした。
[PR]
by urasimaru | 2013-01-05 16:44 | 多摩動物園 | Comments(0)

ノバータ

e0043465_23273710.jpg

府中が落ち着いたらまた会いに行くからね。
[PR]
by urasimaru | 2012-11-24 23:29 | 多摩動物園 | Comments(0)

ご隠居さん状態なノバータ

前来た時はここにアンディがいたので、激やせ?と思ったら、ノバータでした。近くで見るの久しぶり。
この時アンディーは大放飼場にでてたみたいで、フェンスごしにこっちを見てて、ノバータもそっちを見てました。
ちゃんと見なかったけどラガーじゃないよね?
e0043465_1340570.jpg
e0043465_13395644.jpg

背中やお尻の肉が落ちてきたけど、毛づやはいいね。
e0043465_13404316.jpg

22歳かあ(でいいんだっけ?馬齢って)。長生きしてね!
[PR]
by urasimaru | 2012-06-13 13:54 | 多摩動物園 | Comments(0)

シマウマのラガー 初見

今回多摩動物園に行ったのはオスのアンディがメスと一緒にいるらしいからだった。で、ついたらぶらんとしたシマウマがいたので、アンディーかと思った。
e0043465_22265982.jpg

しかし、それはアンディーではなく、去年の7月に生まれたラガーだった。そういえば去年の8月以来多摩に行ってないようなので、ちゃんと見るのは初めてのようです。もう相当大きくなってるし、一人でいたので間違えてしまった。
e0043465_2226373.jpg

ラガーは母ライチと思われる大人についていく行動も時々見せていたが、ライチの方は一度追い払うようなしぐさを見せたような気がする。家畜の馬の場合半年ぐらいで離乳させるそうで、ラガーも乳を吸っている様子はないみたいだったので、もう独立しなさいって年なのかも。ライチかほかのかわかんないけど、大人の牝馬の尿の匂いを嗅いでフレーメンしてた。思春期かな?なんて思ったり。
そのあと、ラガーがお母さんの?糞を食べていてちょっとびっくり。仔馬の食糞は腸内細菌を取り入れるための普通の行動だそうなんだけど、人間目線だとビビる。あと、ちと仔馬にしてはトウが立ってきてるのでは、とか。
シマウマの糞はサラブレッドの糞よりころころして硬そうだった。やっぱりパドックで糞をする馬は神経性下痢なのだろうか。まあ、餌も違うけど。

食糞と言えば、帰りにイノシシの前を通ったらイノシシ(キントンかクロマメか不明)がおしっこをしてて、フェンス越しに隣のヤクシカの若いオス(角がストレート)二頭がどうやらそのおしっこを飲んでいるらしくて、あらあらって思った。
たぶんミネラル補給とかだと思うんだけど、そのための塩の塊がどっかに置いてあるはずなんだけどねえ。まあいいか。

e0043465_2227926.jpg

こっちがお父さんのアンディー。

隠居の牡馬ノバータはちょうど家に帰る瞬間にちらっと見たけど元気そうだった。アンディーはノバータが帰宅したのをじっと見てたので、ノバータをライバル視してるのは相変わらずっぽい。

3/17 観察デーはグレビーシマウマの観察
[PR]
by urasimaru | 2012-03-07 22:50 | 多摩動物園 | Comments(0)

アンディーとノバータ

e0043465_1956527.jpg
e0043465_19555515.jpg

体当たりのせいか、以前より引き締まってるかも。
[PR]
by urasimaru | 2011-05-26 19:58 | 多摩動物園 | Comments(0)

男の沽券

e0043465_22273989.jpg


多摩動物園のアフリカ園の大放飼場は広い部分にキリン、シマウマ(メス)、シロオリックス(メス)、ダチョウ(メス)ペリカン、シュバシコウがいて、シマウマ、シロオリックス、ダチョウのオスは小さい囲いの中にはいっている。
グレービーシマウマのオスは、20歳のノバータと10歳のアンディの二頭がいて、若いほうのアンディは繁殖後継者として去年入ってきた。
e0043465_2295729.jpg
ノバータは雌の見える囲いにいて、アンディはさらに端っこの、見学者通路のすぐ下の囲いにいて、男同士の間は板で囲われている。その隙間から外を見てはいらいらするアンディであった
e0043465_22101897.jpg
(右がノバータ)
メスを眺めて前足を掻く場所にちゃんと敷石が敷いてあった。
e0043465_2293855.jpg


でも、今後繁殖のチャンスがなさそうなノバータがこの位置にいたらもっとかわいそうだと思うので、実戦に備えて頑張れ(?)アンディー、と思うのであった。
ノバータも壁の向こうでブヒヒーンとか鳴いたり、アンディを気にしまくっている様子だった。
動画はノバータの声にテンションが上がったアンディ。

よく見たらアンディの顔にはふさがりかけた切り傷があった。
ネコ科の男の子たちはたいてい顔に引っかかれた傷があるので、草食系でもやっぱり男はつらいのだな、と思った秋の日であった。
[PR]
by urasimaru | 2010-10-12 22:25 | 多摩動物園 | Comments(2)

シマウマの仔馬の動画

ライムの動画
<
[PR]
by urasimaru | 2009-09-21 01:37 | 多摩動物園 | Comments(0)